iPhone動作減速問題、仏当局が予備的調査

売上高の5%相当の制裁金が科される可能性

 1月8日、米アップルが、「iPhone(アイフォーン)」旧機種の動作を遅くするなどしたとされる問題で、フランスの検察当局は予備的調査に着手した。2014年6月撮影(2018年 ロイター/Yuya Shino)

[パリ 8日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>が、「iPhone(アイフォーン)」旧機種の動作を遅くするなどしたとされる問題で、フランスの検察当局は予備的調査に着手した。司法関係筋が8日、明らかにした。

フランスの消費者団体「HOP」がアップルを告訴したことを受け、5日に調べが始まった。

調査は、フランス消費者問題監視当局(DGCCRF)が主導するという。予備的調査は数カ月間かかり、結果次第で不起訴としたり、追加調査のため判事に引き渡されたりする可能性がある。

フランス国内法によると、買い替え需要を高める目的で製品の寿命を故意に縮めた場合、年間売上高の最大5%相当の制裁金が科される可能性がある。

アップルの米国広報担当者は直接のコメントを避けたが、バッテリー問題の扱いについて謝罪するなどした昨年12月28日の自社声明に触れた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT