旅こそが「ソロタイム」の最良の過ごし方だ

なぜ旅人は「賢者」のような眼をしているのか

旅こそリフレッシュ作用があります(写真:imacoconut / PIXTA)  
最新刊『SOLO TIME (ソロタイム)「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略である』が話題の精神科医の名越康文先生は、大の旅好きで知られます。「旅」には、心をリフレッシュする効用があると言います

なぜ、すべての旅人は賢者のような眼をしているのか

旅は、ソロタイム(ひとりぼっちの時間)の過ごし方として、最良の方法の一つです。

当記事は夜間飛行が運営する「プレタポルテ」の提供記事です

特急列車の車窓から外を眺めている旅人たちの表情は、どことなく哲学者のように、厳かな空気を帯びます。

目に飛び込んでくる未知の風景、いつもとは違う風の香り。そうしたものと感応するうちに、人は日常の「群れ」に埋没していた時の身体感覚から、少し距離をおくことができます。

普段過ごしている会社や家族、身近な友人など、大小さまざまな「群れ」の空気から離れ、固定化した心の壁を越えていく。旅人が垣間見せる、どこか思慮深く、それでいて緊張感もある表情は、日常生活とはまったく異なる視覚、聴覚、「初めての何か」から無意識のうちに、影響を受けた結果です。

旅が持つ心理学的な効用(イラスト:伊藤美樹)

人間は常に、周囲の環境から影響を受けています。身近な人間関係はもちろん、部屋やオフィスの家具、衣服、食事といった、日常を取り巻くさまざまな環境からも、多大な影響を受けている。

旅に出ることによって、あなたの身体は周囲の人間関係や、様々なモノから引き離され、まったく違った「人」や「モノ」から、影響を受け始めます。その結果、あなたの意識は自然と、「群れ」から引き離されていく。

これが、「旅」のもたらすリフレッシュ効果であり、心理学的な効用です。

次ページ旅することをやめた人間は、掃除をするようになった
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
迷走する技術者王国<br>ホンダが消える日

「ホンダにしかできないエッジの立たせ方をしないと、ホンダはいなくなる」。八郷隆弘社長が断言。独創性を取り戻そうと、提携や研究開発組織の再編を加速。生き残れるのか。