入社3年目が仕掛けた「暗闇バイク」の舞台裏

社員満足度経営が最強の戦略だ

ベンチャーバンクグループの沿革

「FEELCYCLE」は、日本国内におけるインドアバイクエクササイズ業界を最先端でリードし、事業立ち上げからたった5年で、国内20店舗を超える急成長を遂げることができました。

ではなぜ、「FEELCYCLE」は、そんな成功を収めることができたのか?

照明を落としたスタジオでダンスミュージックとともに行うインドアバイクエクササイズは、もともと海外では、レディ・ガガなどのセレブの間で流行していたものでした。

私たちが「FEELCYCLE」を立ち上げた後に、運良く、そうした海外での流行の様子が日本のメディアで取り上げられたということが、大きな追い風となったことは間違いありません。

何が何でも成功させたいという「熱意」

ただ、何より大きかったのは、現・株式会社FEEL CONNECTION社長である橋本の「この事業を何が何でも成功させたい」という「熱意」であったと私は考えています。

実は、橋本からインドアバイクエクササイズ事業の提案を聞いたとき、正直なところ、私は成功するかどうか、確信が持てませんでした。

しかし、私がゴーサインを出し、事業立ち上げ準備に取り掛かってからの橋本の姿を見て、私の考えは変わりました。

リーダーとして事業計画全体のマネジメントを進めるのは当然のこと、スタジオで使うバイクやシューズ、スピーカーといった備品を海外の専門店と直接交渉して手配し、インストラクターを集め、プログラムを整備するといった、細々とした現場の仕事まで、橋本は労を厭わず、縦横無尽に動き続けました。

その結果、橋本が率いるチームは、たった8か月という短期間で、FEELCYCLE一号店の出店までこぎつけたのです。

そして、何より私にとって印象的だったのは、それだけの仕事量にもかかわらず、橋本は疲れた顔を見せることもなく、本当に生き生きと、明るい表情で毎日、仕事に取り組んでいたことでした。

次ページベンチャーバンクが目指す方向性とは
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT