ひらめきの導火線 トヨタとノーベル賞 茂木健一郎 著

ひらめきの導火線 トヨタとノーベル賞 茂木健一郎 著

トヨタ自動車とノーベル賞受賞者。一見すると関係のない両者を発想法の視点から調べると、共通点のあることに著者は気づいた。「ふつうの人が智恵を出し合い創造性が生まれた」ことだ。

トヨタは現場労働者から会社のトップまで「カイゼン」を提案し、集合知で優れた物づくりを行う。ノーベル賞の研究は対話や共同研究での「ひらめき」が種になったものが多い。「創造性がかぎられた人に与えられている」との通念は誤りで、ひらめきは誰でも持ち、「脳を鍛える」「みんなでやる」ことで活発に生まれるとする。そして、「日本人は創造性に欠ける」という誤った先入観にとらわれずに、「自分の可能性」に向き合ってほしいと訴える。

PHP新書 714円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 財新
  • コロナウイルスの恐怖
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。