ひらめきの導火線 トヨタとノーベル賞 茂木健一郎 著

ひらめきの導火線 トヨタとノーベル賞 茂木健一郎 著

トヨタ自動車とノーベル賞受賞者。一見すると関係のない両者を発想法の視点から調べると、共通点のあることに著者は気づいた。「ふつうの人が智恵を出し合い創造性が生まれた」ことだ。

トヨタは現場労働者から会社のトップまで「カイゼン」を提案し、集合知で優れた物づくりを行う。ノーベル賞の研究は対話や共同研究での「ひらめき」が種になったものが多い。「創造性がかぎられた人に与えられている」との通念は誤りで、ひらめきは誰でも持ち、「脳を鍛える」「みんなでやる」ことで活発に生まれるとする。そして、「日本人は創造性に欠ける」という誤った先入観にとらわれずに、「自分の可能性」に向き合ってほしいと訴える。

PHP新書 714円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
  • インフレが日本を救う
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。