ミクシィ、特損77億2900万円を計上

「チケットキャンプ」を来年5月末で終了

[東京 27日 ロイター] - ミクシィ<2121.T>は27日、子会社のフンザが運営する「チケットキャンプ」を2018年5月末に終了すると発表した。

フンザはチケットキャンプ関連で商標法違反などの容疑で当局の捜査を受け、サービスを一時停止していた。

同日公表された社内調査委員会の報告書はサービスについて「商標法違反または不正競争防止法違反の疑念を生じさせるようなものであったことは否定できない」と結論付け、「今後も存続させるか否かを含めて慎重に検討すべきだ」と要請していた。

責任をとるため、フンザの笹森良社長と酒徳千尋取締役は27日付で辞任、フンザ取締役を兼務していたミクシィの森田仁基社長は月額報酬を6カ月間自主返納する。

これを受け、ミクシィはフンザののれん償却などで77億2900万円の特別損失を計上、2018年3月期の純利益予想を前年比32.8%減の402億円(従来予想480億円)に下方修正した。売上高、営業利益、経常利益の各予想は据え置いた。

(志田義寧)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。