靴35足・棋士との対戦権、「福袋」多様化のワケ

流行や世相を反映し、百貨店が戦略的に投入

松屋銀座はイベリコ豚の生ハム丸ごと1本を福袋として販売する。台とナイフもセットになっている。その名も「フォトジェ肉」。価格は税込み21万6000円(約44万円相当)で限定2点(写真:松屋)

百貨店各社が初売りの目玉企画として販売する福袋。2018年は主要な百貨店が1月2日の初売りに向け、「コト消費」を意識した参加・体験型といった趣向を凝らした福袋をそろえた。

将棋界で中学生棋士の藤井聡太四段が活躍していることは、多くの人が知るところ。百貨店大手の高島屋が売り出す福袋は、なんと「藤井四段の師匠、杉本昌隆七段と対戦できる権利」だ。購入者は杉本七段との対局や将棋講座の受講ができる。価格は税込み2018円。小学生を対象に、東京と大阪の2会場で実施する。

プロフィギアスケーターの指導も

高島屋では将棋に加え、フィギアスケート人気を取り込んだ福袋を用意する(撮影:尾形文繁)

高島屋は2018年2月に開催される平昌五輪を見据えフィギュアスケートにも着目し、「織田信成氏のアドバイスを受けることができる権利」も販売する(税込み2018円)。小学生を対象に、新横浜と大阪で実施する。 

購入者は、プロフィギュアスケーターでタレントとしても活躍する織田氏のスケート教室やトークショーに参加することが可能になる。

高島屋は「顧客のニーズが高いものを福袋として提供する」と語る。藤井四段の快進撃で盛り上がる将棋界や、ファンが多いフィギュアスケートの人気を取り込み、初売りに弾みをつける狙いだ。

老舗百貨店の松屋は基幹店である松屋銀座の初売りで、400種類3万個の福袋を用意し、前年比3%増の売り上げを目指す。

松屋の目玉商品は「君の足を速くする福袋」。400メートルハードルの日本記録保持者、為末大氏がプロデュースするTRAC(かけっこスクール)が、購入者に特別レッスンと靴選びを指南するという内容だ。レッスン全2回のうち1回は為末氏が特別指導する。価格は税込み2万円。小学生を対象に、新豊洲のランニングスタジアムで実施する。

次ページ松屋銀座のもう1つの目玉福袋とは?
人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
社外取締役のお寒い実態<br>なり手不足と低い出席率

「1人でも社外取締役がいれば」という時代は終わり、「取締役の3分の1以上必要」という時代へ。上場企業全体では6000人以上も不足することに。出席率の低い95人の実名を公開。