グレイシー親子「RIZIN」参戦を辞退した理由

ヒクソンの息子・クロンが見た日本人像

2016年12月31日、さいたまスーパーアリーナで行われた川尻達也vs.クロン・グレイシー戦(写真:(C)RIZIN FF)  
2017年12月30日、さいたまスーパーアリーナでは人数を限定した出版記念サイン会が行われることになっている。ペンを走らせるのは3人。高田延彦(RIZIN統括本部長)と榊原信行(RIZIN実行委員長)、そして20年前に2人が出会い、ヒクソン・グレイシーとの一戦の実現に向けて動いていく様を描いた単行本『プライド』の著者、金子達仁だ。金子氏が今年の「RIZIN」開催の舞台裏を関係者の証言をもとに描き出す。

 

12月29日、31日の両日にわたって行われる総合格闘技のイベント「RIZIN」は、1997年10月11日に実現した高田延彦対ヒクソン・グレイシーの「PRIDE.1」の流れを汲む大会である。この大会の模様は12月31日(日)フジテレビ系列全国ネットで18時30分~23時45分まで放送される。

その合間にあたる12月30日に4人で『プライド』刊行記念のサイン会が行われる予定だった。高田延彦、榊原信行、筆者である私とヒクソン・グレイシーである。だが、かつて400戦無敗と呼ばれ、『プライド』の中でもキーパーソンとして描かれた男は、来日しないことになった。

する理由が失われてしまった、というべきかもしれない。

1年前の年末も、2年前の年末も、ヒクソンは日本にやってきていた。息子であるクロン・グレイシーのセコンド役だったからだ。にもかかわらず、今年の年末、ヒクソン・グレイシーの息子はRIZINへの出場を拒んだ。父は、日本にやってくる最大の理由を失い、サイン会は日本にいる3人だけで行われることになったのである。

ヒクソンは日本に来るつもりだった

テラスに差し込む初夏の陽光が、柔らかさを帯びてきていた。

『プライド』を執筆するために飛んだロサンゼルスでの2日間、合計7時間以上にも及んだインタビューが、ようやく終わろうとしていた。

「ありがとうございました。年末、日本で会いましょう」

私がそう言って手を差し出すと、ヒクソンは笑いながら言った。

「行くことがあれば、な」

もちろん来るはずだ、と私は思っていた。すでにRIZINの榊原信行はクロン・グレイシーに年末の大会へのオファーを出している。ならば、クロンはやってくる。当然、ヒクソンもやってくる。

「年末、ぜひ日本で高田さんと一緒にお酒を飲みましょう。きっと、お酒の勝負だったら高田さん、負けないと思いますよ」

答えはなかった。代わりに、満面の笑顔とウインクが返ってきた。

改めて思う。

あの時のヒクソンは、私と同じだった。つまり、クロン・グレイシーは年末のRIZINに出場するものだと考えていた。その証拠に、握手を終えたヒクソンは、同席していた通訳にこう言ったのだ。

「年末の試合相手が決まったら、私に直接教えてくれ。クロンの口からは聞きたくないからな」

次ページ目玉選手の出場の了解がとれない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。