JR西「乗り放題きっぷ」元日に何キロ乗れるか

終夜運転も駆使、24時間でこれだけ行ける

なるべくたくさんの距離を稼ぐなら、北陸と白浜・新宮のエリアを出発、もしくはゴールに持っていくのがよさそうだ。時刻表で、新宮を朝イチで出た場合と、金沢を朝イチで出た場合、そして新宮に最終列車で到着する場合と、金沢に最終列車で到着する場合を比較すると……。

【新宮・金沢を始発列車で出発した場合】
●新宮→新大阪(276.5㎞)

新宮6時30分発-<特急くろしお10号>-新大阪10時50分着
●金沢→新大阪(263.8㎞)
金沢5時35分発-<特急サンダーバード2号>-新大阪8時15分着
【新宮・金沢に最終列車で到着する場合】
●新大阪→新宮(276.5㎞)

新大阪19時15分発-<特急くろしお25号>-新宮23時51分着
●新大阪→金沢(263.8㎞)
新大阪20時58分発-<特急サンダーバード47号>-金沢23時29分着

特急サンダーバード47号は、金沢で北陸新幹線の「つるぎ736号」に接続して、富山まで行くことができる(23時59分着)。新大阪―富山の距離は322.4㎞。どうやら最後は、新大阪に20時58分より前に到着して、「サンダーバード」「つるぎ」と乗り継ぐのがよさそうだ。

となると、朝は新宮から行くのが距離を稼げそうだが、新宮を6時30分に出発するのは効率が悪い。

これが「全線の3割乗れる」プランだ

そこで注目したのが、大晦日の終夜運転だ。関西エリアでは大阪環状線や、草津-姫路間の東海道本線・山陽本線などで、12月31日深夜(1月1日未明)に終夜運転を行う。日付が変わった瞬間から電車に乗り始めれば、距離を稼げる。出発は、終夜運転を行なっている大阪近郊のどこかの駅。終着は富山に決まった。

続いては、スーパー特急が数多く走る山陰エリアで、いかにして効率よく特急に乗るかだ。一番活用したい特急は、新山口と米子・鳥取を結ぶ特急「スーパーおき」だ。1日に3往復しかない特急を軸に計画を組み立てると……このような乗り継ぎプランが組み上がった。

大住0時02分発---<片町線(学研都市線)普通>--京橋0時43分着
京橋0時47分発---<大阪環状線内回り普通>----西九条1時00分着
西九条1時06分発--<桜島線(JRゆめ咲線)普通>--桜島1時13分着
桜島1時20分発---<桜島線(JRゆめ咲線)普通>--西九条1時27分着
西九条1時31分発--<大阪環状線普通>-------新今宮1時42分着
新今宮1時44分発--<関西本線普通>--------王寺2時17分着
王寺2時25分発---<和歌山線・桜井線普通>----奈良3時34分着
奈良4時07分発---<奈良線普通>---------京都5時08分着
京都5時32分発---<山陰本線普通>--------園部6時14分着
園部6時16分発---<山陰本線普通>--------福知山7時25分着
福知山7時45分発--<特急こうのとり6号>----- 尼崎9時19分着
尼崎9時21分発---<東海道本線新快速>------三ノ宮9時37分着
三ノ宮9時42分発--<特急スーパーはくと3号>--- 上郡10時46分着
上郡11時15分発-- <特急スーパーいなば4号> ---岡山11時48分着
岡山12時04分発-- <特急やくも11号>------  米子14時17分着
米子14時39分発-- <特急スーパーおき5号>---    新山口18時51分着
新山口18時57分発- <山陽新幹線のぞみ188号>--   新大阪20時54分着
新大阪20時58分発- <特急サンダーバード47号>--  金沢23時29分着
金沢23時37分発-- <北陸新幹線つるぎ736号>--   富山23時59分着

乗車キロ1767.3㎞(重複区間を除いた乗車キロ1763.2㎞)
JR西日本の営業キロ(新幹線を含む)5008.7㎞
1日で乗車できる割合 35.2%

次ページちょっと乗り換えが厳しいところも
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT