「ボルサリーノ」の帽子は日本から消えるのか

本国イタリアで破産申請、昭和天皇も愛用

高級帽子の代表格・伊ボルサリーノ。アメリカのギャング、アル・カポネも愛用していたという(写真:ロイター/アフロ)

クリスマス商戦まっただ中の12月18日、イタリアの老舗帽子メーカー「ボルサリーノ」が同国で破産手続きを申請した。

現地報道によると、ボルサリーノは2015年にも経営難に陥り、当時のオーナーがイタリアの投資ファンド、ヒエレス・エクイタに経営権を売却、同社の子会社となっていた。しかし、その後も経営状況は改善せず、今回破産申請に至った。

1857年創業のボルサリーノは、高級帽子の代表格として知られる。日本でも人気が高く、麻生太郎財務相や古くは昭和天皇も愛用したと言われる。

日本では2種類のボルサリーノ

日本に流通しているボルサリーノの帽子は大きく分けて2種類ある。1つは本国イタリアからの直輸入品。もうひとつは日本の帽子メーカー、中央帽子によるライセンス製造品だ。ネットなどで販売されている、比較的安価でワインレッドのダグに国産と表記されているものがライセンス品。一方、直輸入品は日本橋三越本店や日本橋高島屋などの百貨店に入居する直営店中心に売られている。

ライセンス品については、2016年いっぱいで中央帽子がライセンスを返上し製造を中止。在庫限りで販売されている。直輸入品に関しては、東京都千代田区に本社を置く帽子メーカー、オーロラの関係会社「ボルサリーノ・ジャパン」が販売を手掛けている。

次ページ日本での販売は今後どうなる?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。