伝説のプログラマーが守り切る誠実な生き方

永遠のパソコン少年が突破した壁の先

中島氏のゼロをイチにする行動の源泉とは
「Windows95」をはじめ、あらゆるソフトウェア開発に携わっている世界的プログラマーの中島聡氏。学生時代に開発した世界初のCADソフトから、現在まで続くプログラマー人生。その類希なる業績をして“レジェンド”と評されるも、みずからの直感が生み出す新たな取り組みによって、今も最前線で挑戦を重ね続けています。
中島氏のゼロをイチにする行動の源泉とは……。世界で活躍するに至るまでの「自分の気持ちに誠実な生き方」をインタビュー。エンターテインメントコンテンツのポータルサイト「アルファポリス」とのコラボによりお届けします。

「三度の飯よりプログラム」な日々

――本日は早稲田の大隈講堂にお邪魔しています。

アルファポリスビジネス(運営:アルファポリス)の提供記事です

中島聡氏(以下、中島氏):普段はアメリカのシアトルに住んでいますが、年に数回は日本に来ています。今回の日本出張の目的のひとつが、母校でもある早稲田大学でのシンポジウムへの出席、講演でした。ここで「エンジニアのための経営学」といった話をするために招かれたんです。

ぼくの仕事の主軸はソフトウェア開発です。米国Microsoft社でWindowsの開発に携わったあと、2000年にUIEvolutionというソフトウェアの開発会社を起業しました。今はその後継となるXevo.Incという会社で、チーフアーキテクト兼会長という職に就いています。職務上、この会社で現場業務に携わることは少なくなりましたが、まったく別のところで、今もプログラミング、ソフトウェア開発を行っています。「少しずつ前進する未来」をこの目で見たくて、イチプログラマーとしてあれこれやっているんです。

「三度の飯より……」という言葉がありますが、今でも、一日中PCにかじりついてプログラムを書くことが大好きです。もちろん、「苦」でもありません。開発過程で、プログラムのバグ(不具合)を見つけては直していくという作業は大変ですが、それでも「嫌々」ではありません。それよりも、「プログラミングによって便利になった、進んだ未来を見てみたい」と思う気持ちの方が、自分の中で勝っているんです。毎日楽しいですよ。

次ページ中島さんを動かしているもの
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT