アフリカは「資本主義の限界」を見抜いている

日本人がアフリカ思想から学べることは多い

デカルトのコギトに対して、アフリカのコギトは…!?(編集部撮影)
11月27日、『思想』の吉川哲士編集長、『WIRED』の若林恵編集長をお招きし、東洋経済オンライン読者を対象としたトークセッションを実施しました。
テーマは「なぜいまアフリカなのか」。アフリカ的な思想は今のわれわれに何を問いかけているのか。インターネットなどの技術はアフリカに何をもたらしているのか。白熱したトークの模様を前編・後編に分けてお届けします。後編は、より思想的な部分に踏み込みました。

ウブントゥとは「他者への思いやり」

山田:『思想』アフリカ特集の小田マサノリさんと真島一郎さんの対談に中にある、「ウブントゥ」について説明をお願いします。

吉川:コンピュータのOSで、Ubuntu(ウブントゥ)というのがあるんです。南アフリカのIT起業で成功した、マーク・シャトルワースさんが2004年に作って、無料配布しながら、現在もバージョンアップされています。ウブントゥの理念は、「みんなで分かち合おうよ」という、アフリカのベースにある考え方を、世界に向けて開いていこうというものです。

『思想』2017年08月号(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

ウブントゥという言葉は、シャトルワースが使い始めたものではなくて、もともとズールー語で、「他者への思いやり」という意味です。ネルソン・マンデラも繰り返し使っていた言葉です。『思想』の対談でも小田先生がおっしゃっていましたが、西洋の「コギト」つまり、デカルトの「われ思うゆえにわれあり」に対して、アフリカのコギトは「他者がいて、だから私たちがいるんだ」になります。「われわれは他者を通して人間として存在する」と。平たく言えばただの共同体主義のように聞こえますが、アフリカでは実生活でもみんなと何かを分有するというベースからスタートします。

逆に言えば、分有しないで1人だけ抜け駆けするなと。共同体を顧みないで、資本主義に乗っかって自分だけいい思いをするような奴は、そのうちに痛い目に遭うよということでしょうか。

次ページシェアと言って一部の人だけ儲けるのはおかしい
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
GAFA全解剖<br>あらゆる産業をのみ込む4巨人

グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンの頭文字をとったGAFA(ガーファ)。もはやこの4社の名前を聞かない日はない。あらゆる産業や社会生活に影響を及ぼすデータ独占4巨人。その実力と戦略を解明する。