「冷戦を知らない子供たち」のために

歴史が進歩をやめた時代に、回帰し続ける記憶を生きる

明治の青春にもあった、「雲の下の坂」への哀切

時間ループもののひとつの典型は、当初は進歩なく繰り返される時間に充足していた登場人物が、人間的に成長することでループを破り、元の世界へ戻るという筋立てだ。

興味深いことに、明治の文豪でも軍医・官僚として活躍した森鴎外は、留学中の恋を単なる通過点とみなす『舞姫』のように、「直線的時間」を描くことが多かった。一方で、帝国大学の教職からドロップアウトした夏目漱石は、学生時代のモラトリアム感覚が抜けない主人公の『それから』をはじめとして、「円環的時間」の方をモチーフにしたという。

卒業後の立身出世という「将来の夢」のための経由地にすぎないはずの学園が、可能なら永遠に留まりたい「夢の追憶」の場として享受される逆説。近年のサブカルチャーに多く表出されるこの感覚は、石川啄木の『一握の砂』にさえみられると、浅羽氏は述べる。坂の上の雲をめざすよりも、雲の下の坂を愛おしむ感覚が、明治にもあったわけだ。

常にそうして振り返られる教室に通った季節を、社会に希望が満ちていた時代と一致させられた自分は、きっと恵まれていたのだと思う。進歩という形では歴史を語れない未来を生きながら、いつかその時抱いていた夢に、まためぐり逢いたい。 

 

【初出:2013.10.5「週刊東洋経済(株・投信の攻め方、守り方)」

※「歴史になる一歩手前」は今回が最終回です。1年間、ご愛読ありがとうございました!

 

 

「日本はいつからこんな国なのか」を問う 新刊『日本の起源』(東島誠氏と共著、太田出版)も 2013年8月、ついに刊行!

現在の日本について、歴史から考えてみたい方は、2012年9月刊行の『「日本史」の終わり 変わる世界、変われない日本人』(池田信夫氏との共著、PHP研究所)を。

2011年刊行の話題書!『中国化する日本 日中「文明の衝突」一千年史』(文藝春秋)
 
 

 

 

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT