羽田で食べログの評価が高いターミナルは?

「3.5以上」の人気飲食店は羽田空港に34店舗

羽田空港のレストラン事情を、食べログ評価から分析してみよう(写真:Takasa / PIXTA)

日本の空の玄関口・羽田空港。2020年の東京オリンピック・パラリンピックを見据え、首都圏空港としての機能強化を図っている。2010年10月の国際線ターミナルの開港以降、利用客は国内外で大幅に増加。今後発着枠を拡大する計画もあるため、さらなる利用者増が見込まれる。

存在感が高まる羽田空港だが、レストラン事情も世界に恥じない内容なのか。羽田空港の第1旅客ターミナル(主に日本航空が中心)、第2旅客ターミナル(主に全日空が中心)、そして国際線の3カ所で比較してみたい。

羽田で一番「グルメなターミナル」は第2

まず、羽田空港にある飲食店の食べログ店数のターミナル別平均点を算出した。最も平均点の高い「美食ターミナル」は第2ターミナルの3.18点。次に3.13点の国際ターミナル、3位に3.12点の第1ターミナルと続く。第2ターミナルは飲食店の数がほかのターミナルと比べ多いため単純には比較できないが、食べログ推奨のおいしい店の基準となる「3.5点以上」の飲食店の数でも、第2ターミナルが最も多い結果となっている。次に評価が高いのは国際線ターミナルだが、ここはつけ麺の「六厘舎」といった一部の有名店が高い点数を取り、全体を押し上げている傾向がある。

次ページ1000円以下の飲食店が圧倒的に多い
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT