心臓が飛び出た英国の女児、3度の手術に成功

英国では初めての手術成功例

 12月13日、生まれつき胸骨がなく、心臓が体外に飛び出した「逸脱心」という珍しい症状で誕生した英国の女児が、3度の手術を乗り越えて回復に向かっている。写真は取り上げられた直後に医師によって無菌ビニール袋の中に収められた、バネロピ・ホープ・ウィルキンズちゃんの心臓。グレンフィールド病院提供(2017年 ロイター/ロイターTV)

[13日 ロイター] - 生まれつき胸骨がなく、心臓が体外に飛び出した「逸脱心」という珍しい症状で誕生した英国の女児が、3度の手術を乗り越えて回復に向かっている。英国では初めての手術成功例とみられる。

この女児は生後3週間のバネロピ・ホープ・ウィルキンズちゃん。心臓を体内に戻す手術が行われ、無事成功した。

12万5000人に1人

主治医は先月22日、感染のリスクを低減するため、帝王切開による早期出産に踏み切った。その日のうちにバネロピちゃんは、心臓を体内に戻す手術を受けた。さらに後日、胸部にできた空洞を皮膚でカバーする手術を受けた。

新生児が逸脱心で生まれてくる割合は、12万5000人に1人とされる。そのうち9割が死産か、生後3日以内に死亡する。

病院によると逸脱心から生還した赤ちゃんは、バネロピちゃんが英国で初めてではないかという。

米国では複数の回復例が報告されていて、最近では2012年11月にテキサス州で生まれた女の子が逸脱心から回復している。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT