心臓が飛び出た英国の女児、3度の手術に成功

英国では初めての手術成功例

 12月13日、生まれつき胸骨がなく、心臓が体外に飛び出した「逸脱心」という珍しい症状で誕生した英国の女児が、3度の手術を乗り越えて回復に向かっている。写真は取り上げられた直後に医師によって無菌ビニール袋の中に収められた、バネロピ・ホープ・ウィルキンズちゃんの心臓。グレンフィールド病院提供(2017年 ロイター/ロイターTV)

[13日 ロイター] - 生まれつき胸骨がなく、心臓が体外に飛び出した「逸脱心」という珍しい症状で誕生した英国の女児が、3度の手術を乗り越えて回復に向かっている。英国では初めての手術成功例とみられる。

この女児は生後3週間のバネロピ・ホープ・ウィルキンズちゃん。心臓を体内に戻す手術が行われ、無事成功した。

12万5000人に1人

主治医は先月22日、感染のリスクを低減するため、帝王切開による早期出産に踏み切った。その日のうちにバネロピちゃんは、心臓を体内に戻す手術を受けた。さらに後日、胸部にできた空洞を皮膚でカバーする手術を受けた。

新生児が逸脱心で生まれてくる割合は、12万5000人に1人とされる。そのうち9割が死産か、生後3日以内に死亡する。

病院によると逸脱心から生還した赤ちゃんは、バネロピちゃんが英国で初めてではないかという。

米国では複数の回復例が報告されていて、最近では2012年11月にテキサス州で生まれた女の子が逸脱心から回復している。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT