カフェで起業する人がだいたい失敗する理由

ロマンとソロバンを両立できないと勝てない

たとえばエスプレッソコーヒーの味を徹底追求しようと、「味の違いがわかる人だけを相手にした」店を開業したとする。 メニューもエスプレッソ中心にし、フードもスイーツも置かない店にした場合、“コーヒー通”は集まるかもしれないが、客層の幅は広がらない。売上高=「客単価×客数」なので、よほど希少価値のあるコーヒーを高く設定し、数をさばかないと売上高も上がらない。

では、特定のキャラクターが好きで「キャラクターの世界観を実現した店」にしたらどうだろう。やはり“キャラ好き”は集まるかもしれないが、こちらも客層の幅は広がらない。関連グッズ(雑貨)を販売して客単価を上げる方法もあるが、ライセンス料などを考えると(自社製作でない限り)高収益の商品にはなりにくい。

また、「私の得意な料理を幅広く提供したい」(ロマン)という店をめざしても、メニューの幅を広げすぎると、少人数で運営する店では、仕込みも調理も大変になる。取材では「週に1度の休日も、翌日以降の仕込みに追われて休めなかった」という話も聞いた。

また、カフェはレストランに比べて客単価が低い。そのため原価率の低い“ドル箱商品”を多く売る必要がある。普通は「コーヒー」だ。ある程度高い豆でも、原価は1杯50円未満となる(コーヒーオークションで落札したような高額豆は除く)。きちんと利益を取れる商品を、お客にとっての“納得価格”にして多く売れば、経営は安定する。

「コメダ」に見る“ソロバン勘定”

その見本例となるのが名古屋に本社を置く「コメダ珈琲店」(コメダ)と茨城を地盤とする「サザコーヒー」(サザ)だ。

現存する最古の「コメダ珈琲店 高岳店」(1972年開業)

コメダは約770店の国内店舗数のうち、98%がFC(フランチャイズチェーン)店だ。現在はFC開業資金も高騰して、個人オーナーが開業しにくい店になったが、非常によくできたビジネスモデルだ。ひとことで言って「FLRコストを抑えた店づくり」である。

次ページコメダのモーニングサービス
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 住みよさランキング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT