「上から目線」の経営者が嫌われるのは必然だ

タテ型社会は崩壊し、ヨコ型社会に変わった

まだ、いろいろタテ型社会からヨコ型社会に転換した理由はありますが、とにもかくにも、ヨコの時代ということになれば、脅迫、命令、管理などで、組織を維持していくことは不可能になるばかりでなく、これからの時代、完全にタテ意識を払拭しなければ、組織維持、経営維持もできなくなります。そのことを経営者は、しっかりと認識理解しておくべきです。もはや、傲慢な指導者は否定されます。上から目線の社長、上司は拒否されます。

どれほど技術が進歩し、情報化が進もうと

タテ型時代のリーダーシップが通用しなくなったということで、しかし、少数精鋭といえども、何人かの人たちを集め、「経営」をしていくということになれば、そこには、どのように組織をまとめていくべきか、どのように会社を発展させていくべきか。技術がシンギュラリティを通過しても、やはり「人間の問題」は残る。人間同士の関係は残るでしょう。そのようなことを考えると、やはり、究極、指導者としての、社長としての、上司としての「人間」そのものが問われる、いや、今以上に、「人間の資質」が求められることになるでしょう。要は、指導者なり、社長なり、上司に、「人間的魅力があるかないか」ということが、最終的な経営課題になってくるだろうということです。

どのように技術が進歩し、どのように情報化が進もうと、引き算をして、さらに引き算をして、最後に残るものは「人間」ということは、今日までの人間の歴史を振り返れば、すぐに理解できます。ある宗教は2000年前に、砂漠の中から生まれてきました。また、ある宗教は、四門出遊、路上に横たわる生老病死の中から生まれてきました。

例外はあるものの、多くの国や地域で高速道路が走り、地下道が張り巡らされています。これからは、鉄道がリニアモーターカーへと変わり、あるいは、無人自動車が走るような時代になります。そのような機械全盛の時代になっても、多くの宗教が人々の心の中でなお生き続けているのは、なぜでしょうか。それは、多くの人たちが、宗教に、生の意義を問い、人生の意味を求めているからです。人間の能力をはるかに超える技術が次々に生まれていますが、どのような時代になろうと、「人間の問題」は残り続けます。リーダーたるものは、「片手に超・情報知識、片手に人徳」を持って日々の生活を送る心掛けが必要になってくるでしょう。

今まで以上に、社長や上司などのリーダーは、自らを律する努力、人間として正しい言動をすることが問われます。公私、金銭、人間関係において厳格にケジメをつけるなど、日々の行動で実践し、人間としての徳を積み上げていくべきです。それによって、リーダーよりも最新の知識を持っている若い人たちが相協力し、1つの方向に向かって進んでいくような、風通しのいい、希望に満ちた組織が醸成されていくと思います。

タテ思考は、経営者のみならず、組織全体、会社全体に不幸な結果をもたらします。そのためには、リーダーが、「片手に超・情報知識、片手に人徳」を心掛けるべきです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 離婚親の選択
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
親子で話し合う<br>相続・終活・お墓

親子の3大難題を解決に導く決定版。相続で「もめない」23の鉄則、子や孫が助かる「生前贈与」のフル活用法、財前直見さんが勧める「ありがとうファイル」の作り方、「免許返納」で親を説得するポイントなど最新情報を満載。

  • 新刊
  • ランキング