富士通とレノボ、パソコン合弁合意の舞台裏

13カ月もかけたのは好条件を引き出すため

11月2日に開かれた富士通とレノボ・グループの記者会見。いちばん右が富士通の田中達也社長、その隣がレノボのヤン・ヤンチンCEO(撮影:風間仁一郎)

「富士通のパソコンはレノボに身売りされるのか」と思っていた同業他社にとって、今回の合弁スキームは意外だったようだ。

11月2日、富士通と中国レノボ・グループがパソコン合弁でようやく合意した。各国の独占禁止法や競争法の審査を経て、来年春をメドに実現する。

富士通のパソコン子会社・富士通クライアントコンピューティング(FCCL)にレノボが約200億円を出資。出資比率は、レノボが51%、富士通が44%、日本政策投資銀行が5%になる。社名も社長もブランド名も変えない。

製造コストは劇的に下がる

富士通にとってパソコン事業は低採算。営業利益率10%を目指す富士通は低採算事業の非連結化を進めている。他社からの出資を受け入れてパソコン事業を非連結化するために、富士通はパソコン事業を2016年2月に分社化しFCCLを設立していた。同年10月にはレノボとの提携交渉を開始。そこから今回の合意まで13カ月の時間を要した。

レノボはパソコン用の部品をFCCLに供給するのみで、開発・製造はFCCLが今後も行う。世界最大のパソコンメーカーが調達する部品を供給してもらうことで「FCCLの製造コストは劇的に下がる」(富士通幹部)。

この部品調達の条件を細かく詰めるのに、合弁交渉の大半の時間が割かれた。「部品の仕様について極めてマニアックな議論が続いた。双方とも粘り強く交渉したために13カ月もかかった」(同)。

次ページレノボが51%を出資する意味とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。