中国初のVRテーマパークとはどんな施設か?

12月開園、1670億円投じ貴州省に

 11月24日、中国南西部の貴州省貴陽の郊外に来月、同国初となるバーチャルリアリティーのテーマパークがオープンする。写真は建設中の同パーク(2017年 ロイター/Joseph Campbell)

[貴陽(中国貴州省)24日 ロイター] - 中国南西部の貴州省貴陽の郊外に来月、同国初となるバーチャルリアリティー(VR)のテーマパークがオープンする。1.34平方キロメートルの敷地にはシューティングやコースターなど35のVRアトラクションが楽しめるという。

「東方科幻谷(Oriental Science Fiction Valley)」というこのテーマパークは15億ドル(約1670億円)を投じて建設され、代表のChen Jianli氏は「開園後には、貴州省や中国南西部の観光を変えるものになる」などと期待を込めた。

園内には人気アニメ「トランスフォーマー」に似た巨大ロボットがそびえ立ち、そこからバンジージャンプに挑戦できる。また、ほとんどのアトラクションはVRゴーグルを装着して乗り込むという。

政府系シンクタンクによると、中国のVR市場は2020年までに現在の10倍に当たる556億元(84億ドル)に成長すると見込まれている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。