中国初のVRテーマパークとはどんな施設か?

12月開園、1670億円投じ貴州省に

 11月24日、中国南西部の貴州省貴陽の郊外に来月、同国初となるバーチャルリアリティーのテーマパークがオープンする。写真は建設中の同パーク(2017年 ロイター/Joseph Campbell)

[貴陽(中国貴州省)24日 ロイター] - 中国南西部の貴州省貴陽の郊外に来月、同国初となるバーチャルリアリティー(VR)のテーマパークがオープンする。1.34平方キロメートルの敷地にはシューティングやコースターなど35のVRアトラクションが楽しめるという。

「東方科幻谷(Oriental Science Fiction Valley)」というこのテーマパークは15億ドル(約1670億円)を投じて建設され、代表のChen Jianli氏は「開園後には、貴州省や中国南西部の観光を変えるものになる」などと期待を込めた。

園内には人気アニメ「トランスフォーマー」に似た巨大ロボットがそびえ立ち、そこからバンジージャンプに挑戦できる。また、ほとんどのアトラクションはVRゴーグルを装着して乗り込むという。

政府系シンクタンクによると、中国のVR市場は2020年までに現在の10倍に当たる556億元(84億ドル)に成長すると見込まれている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT