企業物価は9年ぶりの上昇率、その効果は?

消費者物価上昇率はなかなか上がらないのに

輸出物価と輸入物価の差にも注目すべきだろう。今回の10月速報値では、輸出物価は円ベースで前年同月比9.7%上昇、輸入物価は15.3%上昇と輸入物価の方が大きく上がっている。原油高が進んだ9月、10月にかけて日本企業にとっての交易条件は悪化している。

輸入サイドでは、原油の上昇の影響を企業から家計まで幅広く受けているが、輸出サイドの価格上昇は限定的で、国内での負担感は強くなっている。

交易条件悪化で苦しむ内需中心の中小企業

こうした環境下で最も負の影響を受けているのは、内需中心の中小企業だ。コスト面での増加に加え、国内需要も縮小傾向にあり、厳しい状況に陥っている。

コスト増による中小企業の苦戦を解消するには、内需の改善により消費者物価が上昇するか、もしくは大企業や輸出企業からの還元が必要だ。しかし内需の面では、実質賃金は9月にマイナス0.1%をつけているので、価格転嫁は難しい。

とすれば、目下業績を伸ばしている大企業に期待がかかるが、いわゆる「トリクルダウン」は起きていない。大企業は拠点を海外へ移し、現地生産・現地販売を進めている。大企業が得た利益のうち、国内中小企業に還元される割合は減少してきている。

大企業が潤えば中小企業や労働者にも利益が均霑(きんてん)されるという「トリクルダウン」が起きるとするアベノミクスの理屈は構造的に欠陥を抱えており、国内中小企業にとってはむしろ大きな痛手となってしまっている。現状はコストプッシュ型インフレの悪い側面だけが効果を発揮している。

次ページ企業物価の先行きは?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT