大迷惑"通せんぼおじさん"逮捕までの顛末

自宅前道路に「私有地」とペンキ書きし妨害

自転車を押している男性は平野容疑者宅の前の道を通してもらえずに引き返した(写真は近隣住民提供)

周辺住民と共有する私道。わきには水路が流れ、駅に行くにはこの道を通らないとかなり遠回りすることになる。

「私は悪くありません」

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

その私道近くに白いペンキで「私有地」と書き、通行を妨げていた“通せんぼおじさん”こと無職の平野保生容疑者(79)が今月8日午前7時6分、現行犯逮捕された。

傷害の容疑での現行犯です。自転車で通行していた20代男性に対して、通行できないよう身体で防ぎ、自転車を倒しました。被害者はひざなどの打撲で全治10日のケガです。警官が駆けつけた時も被害男性の胸ぐらをつかんで、フェンスに押しつけていましたからね」

と大阪府警西堺署。

「逮捕される2か月前だから、9月から11月にかけて20件くらい平野容疑者に対する110番通報がありました。(容疑を)まったく認めていませんよ。“私の私有地に勝手に入り通行しようとしたので立ちふさがっただけです。私は悪くありません”とずっとこればっかりです」

容疑者の自宅

平野容疑者は2015年にも私道に植木鉢などを並べ通行を妨げたとして妻とともに往来妨害容疑で逮捕されている。妻も「私有地」に対するこだわりは根強く、

「“通りたいんやったら金払えや”って感じでしたね」

と、捜査関係者の記憶は鮮明だ。

近所の住民も、トラブルの経緯をしっかり記憶している。

「判決が出たのが昨年の11月17日ですね。1年2か月の懲役で執行猶予5年になったんですよ。だから今回は実刑だと思うんですけど」

と近所の主婦。トラブルメーカーの逮捕に胸をなでおろす。

次ページ通ろうとする人に大声で怒鳴る
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT