DMMがあの「CASH」を70億円で買収するワケ

社員6人のスタートアップのどこが凄いのか

インタビューに応じる光本CEO(筆者撮影)

——そこでDMM.comの出番がくるわけですね。

片桐:「なんか騒ぎになってるなあ」と思って横から見ていたんですよ。いいサービスなので「出資させてくれないかなあ」と。

光本:そしたら10月5日に亀山(敬司)会長から夜中の1時58分に、こんなフェイスブック・メッセンジャーが来たんです。『CASH売って〜』『無理?』。

それでとりあえず、一緒にご飯を食べに行って。1カ月後にはDMMグループに入ることが決まりました。

チームを買う感覚で買収

——今年の1月に片桐さんが社長になってから、DMM.comの買収のペースが上がっています。

片桐:社長になって最初の数カ月は開発手法を変えるとか企業文化を作るとか、そういうことをやろうと思ったんですが、それって結果が出るのに最低でも3年はかかる。だから、「事業開発も並行してやろう」と考え方を変えたんです。光本さんみたいに、できる人とそのチームを探して、それを全力でサポートする。出来上がったサービスを買うというより、チームを買う感覚です。

でも光本さんたち、経営者にロックアップ(買収から一定期間は経営陣が辞めない約束)はかけていません。やる気をなくしてしまったら、引き止めても無駄ですから。

——光本さんが買収に応じた理由は?

光本:DMM.comって「現代のクールな総合商社」だと思うんです。スタートアップに足りない組織や資金や物流機能を持っていて、全面的に支援してくれるから、力のあるスタートアップがどんどん集まってくる。意思決定もものすごく早くてクールです。

片桐:買収した会社の経営者、チームを全力でサポートしていく。そうやって強いチームがたくさんできることがDMMグループの強さになっていくんだと思います。亀山さんは「CASHで買い取ったスマホをアフリカで売るぞ~」と張り切っています。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?