ナイキ創業者の「破天荒すぎる人材活用」伝説

元ナイキジャパン社長「あれには僕も驚いた」

それにフィルは野球チームに入れてもらえなかったり、夢だった偉大な陸上選手になれなかったりと、コンプレックスがある。彼には負け犬的なところがあり、決してカリスマ的リーダーではなかった。

自分にも他人にも「背水の陣」を強いる

――秋元さんが感じた、フィル・ナイトの人物像は?

「いい人」ではないですね。ナイスガイですが(笑)。風貌がかっこいいわけではなく、洋服がおしゃれでもなく、いつもギャバジンのグリーンのスーツを着ている。グリーンというのは、彼にとって意味のある色だったんですね。1962年に初めてオニツカを訪れたときにグリーンのギャバジンスーツを着て行ったという『シュードッグ』の記述を見て、そうだったのか!と思いました。

会場は立ち見が出るほどの熱気に包まれた(撮影:今井 康一)

フィルの性格は内向的でシャイ。だから、自分の目線がばれないように、いつもオークリーのサングラスをかけている。彼は非常に読書家で、僕も本が好きなので話が合いました。彼は特に『孫子』が好きで、自分にも他人にもいつも「背水の陣」を強いていた。追い込まれるほうはきつかったですよ(笑)。

あるとき、フィルがすごくいい感じで話しかけてきて、「実は以前、ロン・ネルソンに約束しちゃったんだ。秋元が2年社長をやったら、次の日本の社長はお前だと。秋元、ナイキジャパンの経験を活かして次は香港かベトナムに行って、どちらでもいいから社長をやらないか」と。

これは寝耳に水の話で、正直なところ、ショックでした。ナイキジャパンでは僕も社員も禁煙を貫き、体も鍛えて、社員と一緒にホノルルマラソンにも出ました。ナイキジャパンの「ナイキ化」はある程度成功したと思っていました。それに、当時Jリーグができたころで、サッカー選手にナイキを身につけてもらおうと頑張っていましたし、野茂英雄選手をアメリカの本社に紹介して、JUST DO IT.キャンペーンを盛り上げたりしていました。大変でしたが、楽しかったですから。

ちなみにロン・ネルソンは『シュードッグ』にも登場します。フィルがアパレル部門の責任者として抜擢したのに、服装のセンスをまったく持ち合わせていなくて、たった1回プレゼンしただけで製造部門に移動させられたという(笑)。彼が僕の後任の社長でした。まさか、そんな密約のせいでナイキジャパンを去るとは、思ってもみなかったですね。

ナイキを辞めた後、私はLVMHグループのゲラン株式会社の社長になりました。しばらくして、パリでゲランの新香水「シャンゼリゼ」を紹介する、1週間にもわたるビッグイベントがありました。ゲラン日本法人の社長として、パリで最高級のホテルの1つであるホテル・ド・クリヨンに泊まっていたら、そこでフィルと再会したんです。彼は、テニス観戦が趣味で、フレンチオープンを観戦しに来ていました。

次ページ「憎らしくて尊敬できる、いい兄貴」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング