環境活動家のウソ八百 リッカルド・カショーリ、アントニオ・ガスパリ著 草皆伸子訳

環境活動家のウソ八百 リッカルド・カショーリ、アントニオ・ガスパリ著 草皆伸子訳

地球温暖化をもたらすとされるCO2濃度上昇は農業生産を向上させるし、シロクマの頭数や世界の森林面積は実際には増えている。が、環境運動家は怪しい根拠で環境危機の恐怖をあおり、その原因を人間の活動に帰し、地球の容量に対して人口が過剰だとして人間の存在までも否定する。人口抑制を求める動きはマルサス主義や優生学に通じる。また、環境運動の多国籍企業グリンピース、「あまりきれいでないWWF」などは指弾に値し、環境運動を支えるガイア理論なども異教的であり、人間中心の環境運動の構築こそ必要と訴える。

著者はバチカン教皇庁下の大学教授。ローマ・カトリックのシンクタンクの立場で環境問題・運動を論述する。

洋泉社新書y 798円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。