環境活動家のウソ八百 リッカルド・カショーリ、アントニオ・ガスパリ著 草皆伸子訳

環境活動家のウソ八百 リッカルド・カショーリ、アントニオ・ガスパリ著 草皆伸子訳

地球温暖化をもたらすとされるCO2濃度上昇は農業生産を向上させるし、シロクマの頭数や世界の森林面積は実際には増えている。が、環境運動家は怪しい根拠で環境危機の恐怖をあおり、その原因を人間の活動に帰し、地球の容量に対して人口が過剰だとして人間の存在までも否定する。人口抑制を求める動きはマルサス主義や優生学に通じる。また、環境運動の多国籍企業グリンピース、「あまりきれいでないWWF」などは指弾に値し、環境運動を支えるガイア理論なども異教的であり、人間中心の環境運動の構築こそ必要と訴える。

著者はバチカン教皇庁下の大学教授。ローマ・カトリックのシンクタンクの立場で環境問題・運動を論述する。

洋泉社新書y 798円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT