「北朝鮮の真の標的はハワイ」という人の理屈

世界滅亡に備える人たちが恐れる事態とは?

その中で少し私が意外に思った虫眼鏡は、それがあれば火を起こすことが可能になるからだと説明してくれた。言われてみれば「なるほど」と思った。そのほかにも水の濾過などにも使えるコーヒーのフィルター、最終的に生活を1から立て直すためには必ず必須となる食物の種などのアイテムが、彼が必要だというリストには並んでいた。

もう1つ、今回の取材で不気味に感じたことがある。それは、北朝鮮が暴走すればそれに便乗する脅威は「イラン」である、とスティーブさんらプレッパーたちが見ている点だ。

怪しい北朝鮮とイランの関係

9月にドナルド・トランプ大統領が「イランが北朝鮮の核開発に協力している」とツイートしたことは記憶に新しいと思うが、この疑惑については昨今、アメリカ国内でも真実味を帯びた情報を多く耳にする。中でも核不拡散問題専門家として著名なジェフリー・ルイス氏が7月、北朝鮮メディアの記録映像の分析から、同国が同月に発射した大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」の2段目にイランの衛星打ち上げロケットと同じエンジンが使われていると指摘したことは、かなり大きく取り上げられていた。

先述のマシューさんは「イランは今始まったことではない」と、言葉を濁すにとどまったが、スティーブさんの懸念と前バラク・オバマ政権への憤りは激しいものがあった。

「イランとの核合意はオバマ前大統領の偉業などと言う人もいるが、とんでもない。9月23日にイランが成功させた多弾頭ミサイル実験が、何を意味するか考えたほうがよい。核を意のままに拡散できる状態で、イランがそれを多弾頭ミサイルに装着したらどうなるか」とスティーブさんは話す。

確かに現在、イラン核合意を認めないとするトランプ大統領率いるアメリカとイランの間では、緊張状態が続いている。そんな中、北朝鮮とイランが実はつながっているかもしれないとなると不気味だ。北が動けばイランも動き、第3次世界大戦が誘発される危険性が高くなる。

こうした見解が、すべて正しいとは思わないが、世界を見ても、アメリカを見ても、有事になることの危険性が日に日に高まっている感は否めない。しかし、力で力を抑えることが悲劇を生むということは、すでに私たち人類は経験済になのではないか。私たちは過去からきちんと学んでいるのだろうか。プレッパーたちが恐れるシナリオは、はたしてどの程度の確率で現実になるのだろうか。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナショックの大波紋
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。