女子がガッカリする40代男性の「休日の服装」

ちょっと恥ずかしいファッション失敗例3つ

失敗例3 カジュアルすぎ

街で大人の男性を観察していると、失敗しているファッションには1つの共通点があることに気づきます。

それは、「全身がカジュアルすぎる」ことです。先ほどもお伝えしましたが、多くの男性は学生時代をピークに、そこからおしゃれが止まってしまっています。

30歳を過ぎたら自分の定番を見直す

パーカ、スウェット、チノパン、ブルージーンズ、Tシャツ、サンダル、斜めがけバッグなど、カジュアルなアイテムばかりで全身をコーディネートしている人が圧倒的に多いのです。大人な男性なのに、学生の頃と大して服装が変わらない。それではカッコ悪く見えてしまうのも当然です。

これらのアイテムは、どれもカジュアル度の高いアイテムといえます。大人っぽい要素やこぎれいに見える要素が少ないのが特徴です。10〜20代前半であれば、このようなカジュアルなアイテムでもそれなりに似合うのですが、30代以降がこうした服だけでコーディネートすると、どうしてもおじさんぽく見えてしまうのです。

30歳を過ぎたら、自分にとっての「定番」を見直すことが大切です。体のラインがそのままあらわになってしまうTシャツよりも、襟付きのシャツのほうが大人の男性にはよく似合います。

また、フードが付いているリラックスした雰囲気のパーカよりも、こぎれいな印象が漂う丸首ニットのほうがよく似合います。カジュアルなアイテムよりも、こぎれいさの漂うアイテムを取り入れる。これが手軽に、おしゃれに見せるための大事なポイントです。

次ページ簡単に「おしゃれ見え」するアイテムは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。