女子がガッカリする40代男性の「休日の服装」

ちょっと恥ずかしいファッション失敗例3つ

ここまで、男性がやりがちな失敗例を3点お伝えしました。では、今すぐおしゃれに見えるには、何を買い足せばいいのでしょうか? これはとても簡単です。「大人っぽさ」と「こぎれいさ」を兼ね備えたアイテムを買いそろえればいいのです。

具体的には、ネービージャケット、白のボタンダウンシャツ、ホワイトやネービーの丸首ニット、チェスターコート、グレースラックス、ホワイトジーンズ、ホワイトのレザースニーカー(スタンスミスなど)、レザートートバッグなど。こうしたアイテムを、少しずつ買いそろえてみることをお薦めします。

同じ人物がどう「変化」するのか

実際に、こうしたアイテムを投入することで、同じ人物がどう「変化」するのか見てみたいと思います。まずは、カジュアルすぎる典型的な着こなしを見てみましょう。

ネルシャツやチノパンなど、全身がカジュアルすぎるコーデ。20代の頃はかっこよく見えたかもしれないが…

チェックのネルシャツ、プリントTシャツ、ベージュのチノパン、スニーカーと誰もがやってしまいがちなカジュアルな服装です。

ここから、おしゃれに見えるように変えるには、まずネルシャツの代わりに紺のジャケットを着てみる。プリントTシャツを白のボタンダウンシャツに変えてみる。そしてゆとりのあるチノパンを、細身のブルージーンズに変えてみる。

たったこれだけでも大人っぽく見える要素が増え、年齢相応のこぎれいな着こなしが実現できます。「すごいおしゃれ」というわけにはいきませんが、まずみなさんに目指してもらいたい「ダサく見えないファッション」は実現できます。

次ページこれだけでこんなに変身!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。