千葉「ポッポの丘」、私設鉄博は養鶏場だった

車両より輸送費が高い!車両保存展示場秘話

――考え方のスケールが違いますね。ほかに狙っている車両はあるんですか?

「いまのところないです(笑)。もう置き場所もないし。肉牛を売ってどんどん買い換えてきたから、もうおカネもない。やっと今年の初めくらいから車両の補修を始めたんです。鉄道車両も古いものは傷みが激しい。デハ701も修理しないとならないし、駅名板も木が腐って片方補修している状態。これからは保存維持が課題ですね」

ほかにはないタイプの博物館

当時のままの寝台車内。懐かしい匂いもそのままだ(撮影:坪内政美)

最近は、土曜・日曜を中心に丘の上にある寝台車両内を公開しているようだが、心ない客が備品を持っていくこともあるらしい。なんとも悲しい行為である。鉄道ファンなら、むしろ募金をしたり、卵をたくさん買ったりして、保存に協力すべきではないだろうか。

「鉄道博物館は数あれど、ここは会社の縛りがないために、いろいろな鉄道会社の車両を保存しています。そして鉄道という形態の、さまざまなジャンルを同時に見ることができる。これはほかではできないことだよね。もう途中で放り出すわけにはいかないけど、こんなに大変だと知っていたらやらなかった(笑)」

黄身がこんもりとした庭先たまご。かき玉汁とイワシの角煮も付いてくる(撮影:坪内政美)

村石社長の心意気に感謝しつつ、「カフェTKG」でたまごかけごはんをいただく。使われているのは「庭先たまご」という、屋外で放し飼いにされた元気な鶏が産んだ新鮮な卵。万葉線の車両内で売られているので、お土産にも買った。

「ポッポの丘」は、親しみやすい呼び名をということで付けられた名前らしいが、御宿には「レトロぶーぶ館」という同経営施設もある。こちらはレトロな車がたくさん展示されており、貴重な鉄道標識なども保存されている。もちろんこちらでも卵は売られている。

卵を買うことで車両保存に少しでも協力できるなら、これからも来る度に買いたい。そして鉄道車両を見ながら食べる「たまごかけごはん」は最高に美味しいのであった。

次ページ「TKG」何の略か知ってますか?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。