北海道の駅弁「いかめし」以外何を知ってる?

カニ・カキ・ニシン…一押しはどれだ

ホッキ貝の炊き込み御飯のおにぎりと、スモークされた卵とチーズ、漬物、飴(あめ)が入った室蘭本線母恋駅の駅弁「母恋めし」(筆者撮影)

「北海道の駅弁」といえば、函館本線森駅の「いかめし」を挙げる人が多いだろう。ではほかは?と聞かれて、すぐに答えられる人は実は少ないのではないだろうか。さらに、実際に北海道に行って駅弁を食べたことがあるかと聞かれれば、かなり数が絞られてくると思う。

実は私も現地ではあまり多くを食べていないことに気がついた。なぜなら食べたいものがほかにもたくさんあったからだ。たとえば函館では、朝市の海鮮丼、塩ラーメン、ラッキーピエロのハンバーガー、ハセストのやきとり弁当。札幌だったらスープカレーにジンギスカン、屋台のトウモロコシも外せない……と、すでにこれだけでも手いっぱいだ。

以前は札幌・函館から東京まで帰るときは、よく寝台特急「北斗星」に乗っていた。乗車するとすぐパブタイムの時間、そこでピザとビールを頼むのも習慣であった。駅弁は食べるタイミングがなかった。

北海道ならではの食材たっぷり

この連載の記事一覧はこちら

駅弁を意識して食べるようになったのは漫画「メシ鉄!!!」を描く数年前からのことだ。改めて注目すると、北海道ならではの食材を使った駅弁が多いことに気づかされる。個性的な駅弁を現地で食べてみたい。いくつかの調製元さんにお話を伺いながら、駅弁を食べる3泊4日の旅に出た。

まずは室蘭本線の母恋(ぼこい)駅からスタート。予約しておいた「母恋めし」を受け取る。以前、駅弁大会で母恋めしを食べていたものの、現地で食べるのは初めてだった。受け取りは13時までなので早めに行動しておいたほうがいい。母恋めしは、関根さんご夫婦とお子さん二人のご家族で作られている。関根さんはもともと貝の工芸作家だ。

次ページおにぎりには心温まる「当たり」もある!
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの統計の裏側
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
不動産バブル崩壊前夜<br>あなたの街は大丈夫?

日増しに強まる「不動産価格は高すぎる」の声。融資姿勢の厳格化など、バブルは崩壊前夜の様相を呈している。投資市場と居住用実需の現場に迫るほか、首都圏主要駅別に2025年の地価を予測、下落率を一覧にした。