渋谷駅「ゴミ拾い競技」、1位は何kg集めたか

東急グループ各社が渋谷の街を舞台に競う

10月27日に渋谷で開催された「スポGOMI」。参加した社員は真剣そのもの(筆者撮影)

東急グループは鉄道だけでなく、不動産、ホテル、百貨店、広告など多種多様な事業に広がっている。「Bunkamura」などの文化施設も抱え、渋谷を拠点にさまざまな文化・芸術の情報を発信している。その東急グループの各社が渋谷の街を舞台にゴミ拾いで競い合うという。

今回開催されたのは「スポGOMI大会@渋谷」というイベントだ。「スポGOMI」というのは、まだ、あまり耳慣れない言葉だが、従来型のゴミ拾いに、「スポーツ」のエッセンスを加え、どちらかというとネガティブなイメージのゴミ拾い”作業”を、”競技”へと変換させた日本発祥の新しいスポーツだ。

具体的な競技内容は、1チーム4人が、あらかじめ定められたエリア内で、制限時間内にゴミを拾い、ゴミの質と量でポイントを競い合う。一般社団法人ソーシャルスポーツイニシアチブが、2008年より普及活動を行っており、昨年は、ロシアやミャンマーなど海外でも大会を開催したという。

「ゴミ拾い競技」の狙いとは?

10月27日午後3時20分、集合場所となった渋谷駅近くにあるオフィスビル前の広場に、渋谷の近隣に事業所のある東急グループ30社からエントリーした、51チーム206人の”選手”たちが集結した。

開会式であいさつする東急電鉄の野本弘文社長(筆者撮影)

本大会の目的は、渋谷の街の美観を保持するという目的はもちろん、グループ社員間のコミュニケーション促進を図ることも目的としており、異なる会社の社員同士で組んだ”混成チーム”も見受けられた。

開会式冒頭であいさつに立った東急電鉄の野本弘文社長は、「東急グループにとって渋谷は、わが家同然。街も家も”美しく””楽しい”が今後のキーワード。楽しい街を創るべく、(東急グループは)渋谷駅周辺で、いろいろな開発を進めているが、渋谷を訪れるお客様に、美しい街で楽しんでいただくためには、われわれが率先して行動しなければならない」と話し、選手たちの士気を高めた。

そして、あいさつの最後で、野本氏が優勝チームには、10万円相当の商品が授与されることを口にすると、会場からは大きな歓声が上がった。

次ページゴミの種類によって点数が変わる
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT