人が壊れてゆく職場 自分を守るために何が必要か 笹山尚人著

人が壊れてゆく職場 自分を守るために何が必要か  笹山尚人著

労働事件を中心に扱う弁護士が、労働者の生活や人格を踏みにじる職場の実態と労働者自身の対抗策を解説する。

店長に残業代支給を認めたマクドナルド判決ばかりでない。「給与減額」「解雇」をめぐる事案も多い。特に深刻なのは非正規雇用者が絡む場合。顧客のクレームに対するスケープゴートに仕立てられて雇用を打ち切られた契約社員、人員整理で解雇しながら離職票も発行しない会社……。残業代、社会保険、年次有給を獲得するだけでも生活が向上するとして、アルバイトも加入できる個人加盟のユニオンと連携しながら、当事者の企業と交渉、和解の道を探っていく。法の定める権利の実現だけでも貧困から抜け出す道は開けると説く。

光文社新書 798円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。