人が壊れてゆく職場 自分を守るために何が必要か 笹山尚人著

人が壊れてゆく職場 自分を守るために何が必要か  笹山尚人著

労働事件を中心に扱う弁護士が、労働者の生活や人格を踏みにじる職場の実態と労働者自身の対抗策を解説する。

店長に残業代支給を認めたマクドナルド判決ばかりでない。「給与減額」「解雇」をめぐる事案も多い。特に深刻なのは非正規雇用者が絡む場合。顧客のクレームに対するスケープゴートに仕立てられて雇用を打ち切られた契約社員、人員整理で解雇しながら離職票も発行しない会社……。残業代、社会保険、年次有給を獲得するだけでも生活が向上するとして、アルバイトも加入できる個人加盟のユニオンと連携しながら、当事者の企業と交渉、和解の道を探っていく。法の定める権利の実現だけでも貧困から抜け出す道は開けると説く。

光文社新書 798円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT