五輪決定で過熱する、”東京ホテル戦争”

マリオット、アンダーズなど外資が虎視眈々と拡大を狙う

五輪決定で競争に拍車

ほかの外資系ホテルの動きも活発になっている。来年、森ビルが運営を手掛ける虎ノ門ヒルズにハイアット系のアンダーズ東京がオープンするほか、シンガポールを本拠とする高級ホテルのアマンリゾーツが千代田区大手町に初進出する。

ウェスティンやシェラトンなどのブランドを持つスターウッドホテル&リゾートは、「(自社の最高級ブランドである)セントレジス、あるいは(デザイン性の高い)Wの東京進出に向けた交渉がかなり煮詰まっている」と明かす。各社が狙っているのも、やはり訪日外国人の顧客獲得だ。

折しも、20年の東京五輪開催が決定。開業準備を進める外資系ホテルの多くは、五輪の招致もある程度計算に入れていた、と業界関係者は読む。また、訪日外国人の獲得を狙うのは、帝国ホテルやホテルオークラ東京、ホテルニューオータニをはじめとした国内の老舗も同じだ。

今後、ホテルの増設や改装の動きが加速するのは間違いない。

(撮影:大澤 誠 週刊東洋経済2013年9月21日号

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。