「鈴鹿サーキット」の知られざる奥深い歴史

思わず人に話したくなる蘊蓄100章

21. ベルギー、オランダ、イタリア、西ドイツ(旧)の各所を回りコース作り、付帯設備、レース運営等を学んだ

22. その後、塩崎はオランダのザンドフルート・サーキット支配人だったジョン・フーゲンホルツを鈴鹿に招へい

23. コースの詳細設計を依頼されたフーゲンホルツはマムシの出るなか鈴鹿山中を視察し施工全体に助言する

24. 彼の一番のアドバイスは、〈片方のタイヤだけがすり減るのを防ぐため立体交差を作り8の字にする〉こと

25. また塩崎案ではパドック裏手にヘアピンがあったが、フーゲンホルツは「場内放送が聞き取れない」と却下

26. 塩崎は土木工事よりも施設建設に費用を充てるため、極力土砂を削らずに建設できる設計を心掛けたという

27. 設計案が5稿まで進行するにつれ〈行きはテクニカル、帰りは高速で戻る〉というレイアウトが完成した

28. 鈴鹿サーキットは〈完全舗装〉を標榜していたが、当時の日本では高速道路すらまだ整備されていなかった

29. ゆえに塩崎らは欧州視察の際、現地サーキットの舗装を靴ベラで削りとり、参考資料として日本に持ち帰った

30. さらにフーゲンホルツは各地サーキットの走行路の路面舗装を〈円柱状〉にくりぬいたサンプルを提供

8の字形のレイアウトは世界でも珍しい

31. 削った舗装表面のみならず層として知ることで、特殊サーキット舗装の構造を真に理解させるためだった

32. 舗装を請け負った日本舗装(現NIPPO)はオーバルテストコースの経験はあったがロードコースは未経験

33. 日本舗装のスタッフは視察団から提供された欧州の路面材料を分析しながら、日本各地の川砂を研究した

木曽川(写真:ryuukikou / PIXTA)

34. その結果、〈木曽川〉の雑岩を中心としたものに決定。しかしその集積には約6か月を費やしたという

35. 鈴鹿の〈舗装〉は注目を浴び、当時、一部工事が始まっていた名神高速道路の工事関係者も見学に訪れた

36. 1962年9月、ついに鈴鹿サーキットが完成。11月には「第1回全日本選手権ロードレース」が開催された

37. 鈴鹿サーキットのオープニングレースとして開催されたこの大会は本格的なロードコースでの二輪レース

38. 初日は雨にたたられたものの、鈴鹿サーキット初のレースはアクシデントなくスムーズに進行した

39. 鈴鹿サーキットのコースの特長は、東西に細長く、中間の立体交差を挟み右回りと左回りに入れ替わること

40. この〈8の字形〉のレイアウトは世界でも珍しく、土地の高低差と低速~高速コーナーのバランスも絶妙

次ページS字を制する者が鈴鹿を制す
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT