野村再生工場 叱り方、褒め方、教え方 野村克也著

野村再生工場 叱り方、褒め方、教え方 野村克也著

ぼやきはメディアを通して短い叱り言葉を端的に伝えるため。絶対に結果論で叱らない。伸び悩んでいる選手のほとんどは「自分はこれで精一杯」と考えている。これでは成長は望めない。再生の極意は、一つの言葉と「気づき」にある。自己限定を捨てさせ、自信を与える。弱者を強者にするためには、なるべく教えず、目標を自ら考えさせることだ。

もともと組織の伸長は指揮官のレベルアップいかん。組織はリーダーの器以上に大きくならない。貧乏育ちのテスト生、一年でクビ宣告、データとクセの研究で打撃に開眼……著者の人生もまた再生の歴史だった。

楽天球団はなぜ甦ったのか。著名監督が人と組織の再生ノウハウを公開する。

角川oneテーマ21 740円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。