いざとなったら会社は売ろう! 岡本行生著

いざとなったら会社は売ろう! 岡本行生著

中小企業の社長のための実践的でわかりやすいM&A解説書。

日本ではネガティブにとらえられがちなM&A、特に会社売却は、むしろ社長にも社員にも多くのメリットがあり、十分検討に値する選択肢だということが、まず多くの事例とともに紹介される。

そして、会社売却には周到な準備と時間的な余裕が大切なこと、単なる「仲介者」でなく、売り手側の立場に立ち、自社の「見えない価値」や「将来の収益」も織り込んで高く評価、交渉してくれる「専門家」を探すこと等、成功に導く秘訣が盛り沢山に示される。

この分野には、顧客よりは自分たちの短期的な利益追求に貪欲な「勘違いした専門家」が多いだけに、真の意味で長期的な「顧客志向」のアドバイザー探しは重要といえよう。いざというときに「会社を売る」という選択肢を持っているかどうかで、経営も大きく変わる。きちんと押さえておきたい内容だ。(康)

ダイヤモンド社 1500円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT