iPhoneより3代目ウォッチに注目するべきだ

「スマホ中心の生活」に変化が起こる

Apple Watch Series 3は、スマートフォンを持たず、これまでの携帯電話通信で楽しんできた多くのことを手首だけで実現し、スマホなしの時間という現在のライフスタイルに逆行するような瞬間を演出してくれる。

スマホを持たず、スマートウォッチだけで生活する未来も、かなり現実的な予想になってきた。ただし、現段階では、やはりiPhoneを持たないライフスタイルは成立しないだろう。バッテリーの問題だ。

連続通話時間は、たった1時間・・・

Apple Watch Series 3は、iPhoneとのペアリングを前提として、18時間の持続時間を実現している。しかし、セルラー通信での連続通話時間となると、1時間とぐっと短くなる。また屋外でGPSを利用しながら通信をする場合、持続時間は4時間になる。

つまり、スマートフォンのように、アプリ利用と通信をしながら1日バッテリーを持たせることは、現段階では不可能だ。

ただし、これはもはや、バッテリーの性能向上や、プロセッサーやモデムの省電力性の向上など、将来の技術的な進歩で解決できる問題だ。

Apple Watchは音声アシスタントSiriや、アプリでの機械学習モデルの実行など、人工知能を生かしたアプリやサービスの最も身近な拠点になっていく。スマホを持たない未来に何が起きるか、Apple Watch Series 3のセルラー版で体験しておかない手はないだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小学校<br>子どもが幸せになる選び方

新型コロナ対策に追われる小学校で、4月から学習指導要領が変わりました。プログラミング教育、英語の必修化、アクティブ・ラーニングなど、新しい学びの体系の中で学校の違いがさらに鮮明になります。子どもが幸せになる学校を徹底分析しました。