iPhoneより3代目ウォッチに注目するべきだ

「スマホ中心の生活」に変化が起こる

Apple Watch Series 3は、スマートフォンが創り出してきたわれわれの日常や習慣を、大きく変化させる可能性がある(筆者撮影)

アップルは、米国時間9月12日のイベントで、次の10年を創り出すiPhoneとして「iPhone X」を披露した。プロセッサーやカメラ、ワイヤレス充電など、多くの部分を共有するiPhone 8、iPhone 8 Plusは9月22日に発売されるが、iPhone Xは11月3日と、まだ先。発売当初は品薄も予想される。

iPhoneの10周年の年に、iPhone Xという記念すべきコンセプトモデルを「Apple Park」という新しい場所で発表会を行う、非常に象徴的な出来事が続いた発表会だったが(関連記事)、個人的に最も注目している製品は、単独でのセルラー通信に対応する「Apple Watch Series 3」(4万5800円~)だ。予約開始は9月15日から、発売は9月22日である。

オプションサービスは月額350~500円

今回新たに登場したバンド、スポーツループは、柔らかで軽い素材を、 マジックテープで固定する、フレキシブルなバンドだ(筆者撮影)

iPhoneユーザーはこれまでどおりApple WatchとiPhoneをペアリングすると、画面の中で、使っている携帯電話キャリアの追加サービスを申し込むことができる。

すると、iPhoneと同じ電話番号が割り当てられ、Apple Watchだけを身につけているときでも、iPhoneにかかってきた電話を受けたり、自分の電話番号で電話をかけたりすることができるようになる。

日本ではNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社が、9月22日の発売時からオプションサービスを利用できる。米国では月額10ドルのプランが用意されるが、日本では350円から500円と、半額以下でセルラー版Apple Watchを利用できるようになる。

次ページどのような変化なのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT