さすが世界トップ層?上から目線の学生たち

米国トップスクールの教員はどんな「教育」をしているか?(後編)

学生の「神レポート」を受け取って、教師冥利に尽きる

ある日の授業で、僕自身の当時の研究の話をちょこっと話した。すると数日後、学生が前編でも話したオフィスアワーにやって来た。

「フヒト(僕のファーストネーム)のモデルに似てるけどちょっと違うバージョンを考えてみたよ」

(アメリカの大学院では学生が「フヒト」とフランクに下の名前で呼んでくる。学部生の場合にはこちらから言わなければ「プロフェッサーコジマ」と敬称付きになることが多いが、僕をはじめ多くの教員はファーストネームで呼ぶようにと頼むみたいだ。)

自分の学生が書いた論文が学術誌に載るのを見るのはメチャメチャ嬉しい。その学生の書いた論文はこんなふうに形になった

とてもよくできた分析だったので家に帰ってもう一度彼の草稿を読んでみると、細かいところにちょっとした問題が見つかった。

それを伝えたら、次のミーティングでは、ちゃんと直してきた。

さらに細かいところを詰めて期末レポートにするように勧めたところ、しっかりした論文の体裁に整えてきたので、その後も書き方の添削やらを何度かしたうえで、権威ある専門誌に送るよう勧めた。

なんと見事に、一発で掲載(おめでとう)!

こんな例はしょっちゅうあるものではないけれど、学部、大学院を問わず、必ず学生の何人かは授業で教わったことから一歩進んで、「こんなことを考えてみたよ!」と言ってくる。

もちろんオリジナルな「学術研究」になるものはその中でもごく一部だけど(そして、必ずしもすべての学生が「学術研究」をするべきだと思っているわけでもないけれど)、学生が自分で何かを作り出そうとしているのを見るのは本当に嬉しい。

去年も学部上級の授業(この連載でも以前紹介したHonors Market Designという授業)で、ことによるとオリジナルな論文になるかもしれない良い期末レポートを書いてきた学生が2人もいて(これはずいぶん珍しい)、とても楽しみにしている。

こういうときの嬉しさって何なのだろうと考えてみた。あまり良い比喩が思いつかないのだけど、あえて言うならばいちばんよく似ているのは合唱や合奏できれいなハーモニーが生まれたときだろうだろうか。

次ページ自分の学生が育つ、そんな「形のある」成果
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT