乗り換え検索「駅すぱあと」、大変身の舞台裏

「酔っ払いモード」導入の狙いは?

「駅すぱあと」のアプリ。終電をカウントダウンする「酔っ払いモード」もある(編集部撮影)

鉄道など公共交通を使って出掛ける際、乗り換え案内サービスを使うことはいまや当たり前になっている。ポータルサイトでは、天気予報と同じように乗り換え案内サービスも無料で提供されており、スマホに対応しているので、出先でも便利なことこのうえない。

このプログラムを日本で初めて販売したのがヴァル研究所で、商品名「駅すぱあと」は乗り換え案内サービスの代名詞ともなっている。昨年、ヴァル研究所は創業40周年を迎え、「駅すぱあと」は来年で発売開始30周年になる。

老舗に起きた「変化」

「コミックマーケット」応援キャンペーンで登場した魔法少女のキャラクター(画像:ヴァル研究所)

その老舗であるヴァル研究所が、ここのところなにか変だ。長らく「駅すぱあと」の改善にまじめ一筋で取り組んできた同社だが、最近は「コミックマーケット」に向けて少女キャラの絵柄を使ったキャンペーンを打ったり、利用者減で悩む地方鉄道を応援する「YELL for 鉄道JAPAN」を打ち出したり、これまでとは違った動きを見せるようになってきている。

20年以上にわたり同社を知る者として、この変化がどういうことなのか気になっていた。そこで、直接話を聞いてみることにした。取材したのは、同社代表取締役の太田信夫社長と、ソリューション事業部で広報を担当する福井澪菜さんの2人だ。

取材を申し込んだ際、福井さんからのメール返信には「2015年9月に弊社代表が代わるのをきっかけに、社内の雰囲気や事業の展開もいっそう変わってきたと感じております」とあった。

やはりそうだったのかと納得しつつ、後発の競合他社も数多く登場した現在、乗り換え案内サービスの元祖としてヴァル研究所はどのような位置づけにあるのかを、まずは聞いてみた。

次ページ企業や官公庁での利用は圧倒的
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
仕事が遅い人が「良いと信じている3大悪習慣」
仕事が遅い人が「良いと信じている3大悪習慣」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT