フジテレビ、新社長が語る視聴率低迷の要因

73歳、出戻り社長は混迷するフジを救えるか

厳しい経営環境の中で社長に指名された宮内正喜氏。就任について「夢にも思っていなかった」と笑う(撮影:風間仁一郎)
73歳の新社長が率いる新体制でフジテレビジョンは復活できるのか。今年6月、BSフジ社長だった宮内正喜氏がフジテレビとフジ・メディア・ホールディングス(HD)の社長に就任した。フジは2013年、「踊る大捜査線」シリーズなど数々のヒット作を手掛けた亀山千広氏が社長に就任したが、視聴率下落に歯止めをかけられず業績も低迷。今回の交代となった(亀山氏はBSフジの社長に就任)。
また、フジの代表取締役を29年間務め、長年経営を指揮した日枝久会長も取締役相談役に退くなど、グループは大きな節目を迎えつつある。どのように視聴率を上げ、業績回復につなげるのか。宮内社長に戦略を聞いた。

 

――フジテレビとホールディングスの社長に就任することになった詳しい経緯を教えてほしい。

就任前はBSフジの社長を2年、その前は系列局の岡山放送の社長を8年間務めていた。ただし、その前は40年間もフジテレビで働いていたわけだから、ここまで視聴率が落ち、営業的な業績が下がっていることはもう看過できない。いたたまれないと感じていた。

BSフジや岡山放送時代も日枝さんと会う機会があり、「どうすればいいと思う?」とフジテレビはいつも一番の話題だった。よりによって私が社長になるなんて夢にも思っていなかったから、勝手なことを申し上げていた(笑)。

フジテレビを外から見ると、以前に比べて会社の一体感みたいなものがないと感じる。昔は何か1つのことをグループでやるとなると、本当に一体化してやっていたものだから。それは忌憚なく申し上げた記憶がある。

日枝さんは「じゃあそういう形に戻して、リーダーシップをとる人間が必要だな」と話していたが、内示までに具体的な名前が出たことはなかった。私が候補になったとか「考えておけよ」と言われたこともない。

「どう変えてもいいから、結果を出してくれ」

――内示のときは日枝氏とどんなことを話したのか。

「ホールディングスとフジテレビの代表取締役社長をやってくれ。ミッションは業績回復しかないんだ。視聴率を上げて業績を回復させる。とにかくどう変えてもいいから、結果を出してくれ」とシンプルな言葉だった。本当に厳しいタイミングに指名されたとは思うが、受けざるをえない、受けるしかないという気持ちになった。

――交代にあたり、亀山氏とはどんな話をしたのか。

前社長の亀山千広氏は「まずはドラマで話題を呼び、バラエティで視聴習慣を根付かせ、報道番組で信頼を得る」と語っていた(撮影:吉野純治)

彼とは編成時代から局長と部長とか、役員と編成局長といったコンビでもやってきたので、得意技も不得意技もよく知っている(笑)。

BS、CS、地上波、ネット、これを連携してより大きな動きにしようという考えがあったが、私がBSフジにいた2年間は実を結んでいなかった。そこで、連携をがっちりやろうという話をした。

具体的には、全米プロゴルフ選手権の予選をBSで、決勝は地上波で放送したが、番組の宣伝などもうまくいった。時期を見てレギュラー番組の連動などもやっていけば理想的な連携になるだろう。

次ページ日枝氏の役割とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • コロナウイルスの恐怖
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。