米の鉄道財政難「NY駅緊急工事」で浮き彫りに

保線できずトラブル続発、政権は無反応

ペンステーションに停車中のアムトラックの列車(写真:KEI / PIXTA)

2017年5月2日、全米で長距離特急列車を運行しているアムトラック(全米鉄道旅客公社)は、ニューヨークにおけるターミナル駅である「ペンステーション(ペン駅)」の構内で、大規模な補修を実施すると発表した。全部で21番線まである同駅のうち、9番線から14番線までの6線について全面的な保線工事を行うということで、工期は7月7日から8月28日と決まった。

この工事だが、すでに期間内に終了しており、9月2日から4日の「レーバーデー」3連休明けとなる9月5日からは、アムトラックだけでなく、この駅を共用している郊外鉄道の「ロングアイランド鉄道(LIRR)」も「ニュージャージートランジット(NJT)」も正常ダイヤに復帰した。

工事は無事完了したものの…

アメリカの公共工事にしては珍しく期間内に完了したわけで、「メデタシ・メデタシ」と言いたいところだが、そうはいかない。この工事の行われた経緯、そして工事を行ったアムトラックが抱えている問題は、アメリカの鉄道事情の負の側面を浮き彫りにしているからだ。

まず、この「ペン駅」だが、その名のとおり、もともとはかつて全米最強の鉄道会社といわれた「ペンシルベニア鉄道(PRR)」がターミナルとして建設したものだった。初期のPRRはワシントンDCからペンシルベニア州を経由してNYに至る路線の最後はハドソン川をフェリーで渡していたが、1910年の時点で川底にトンネルを掘ってNYに乗り入れた。その際に建設したのがこの「ペン駅」である。

次ページアムトラックと郊外鉄道の大ターミナル
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT