米の鉄道財政難「NY駅緊急工事」で浮き彫りに

保線できずトラブル続発、政権は無反応

ペンステーションに停車中のアムトラックの列車(写真:KEI / PIXTA)

2017年5月2日、全米で長距離特急列車を運行しているアムトラック(全米鉄道旅客公社)は、ニューヨークにおけるターミナル駅である「ペンステーション(ペン駅)」の構内で、大規模な補修を実施すると発表した。全部で21番線まである同駅のうち、9番線から14番線までの6線について全面的な保線工事を行うということで、工期は7月7日から8月28日と決まった。

この工事だが、すでに期間内に終了しており、9月2日から4日の「レーバーデー」3連休明けとなる9月5日からは、アムトラックだけでなく、この駅を共用している郊外鉄道の「ロングアイランド鉄道(LIRR)」も「ニュージャージートランジット(NJT)」も正常ダイヤに復帰した。

工事は無事完了したものの…

アメリカの公共工事にしては珍しく期間内に完了したわけで、「メデタシ・メデタシ」と言いたいところだが、そうはいかない。この工事の行われた経緯、そして工事を行ったアムトラックが抱えている問題は、アメリカの鉄道事情の負の側面を浮き彫りにしているからだ。

まず、この「ペン駅」だが、その名のとおり、もともとはかつて全米最強の鉄道会社といわれた「ペンシルベニア鉄道(PRR)」がターミナルとして建設したものだった。初期のPRRはワシントンDCからペンシルベニア州を経由してNYに至る路線の最後はハドソン川をフェリーで渡していたが、1910年の時点で川底にトンネルを掘ってNYに乗り入れた。その際に建設したのがこの「ペン駅」である。

次ページアムトラックと郊外鉄道の大ターミナル
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT