仏高級ブランド、「痩せすぎモデル」起用せず

ファッション業界が摂食障害を助長する?

 9月6日、フランスの高級ブランドグループ、ケリングとLVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)は、痩せすぎたモデルの起用をやめ、新たに設けた基準を世界中に適用すると発表した。ファッション業界が摂食障害を助長しているとの批判に対応した。写真は2014年9月撮影(2017年 ロイター/Gonzalo Fuentes)

[パリ 6日 ロイター] - フランスの高級ブランドグループ、ケリング<PRTP.PA>とLVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)<LVMH.PA>は、痩せすぎたモデルの起用をやめ、新たに設けた基準を世界中に適用すると発表した。

ファッション業界が摂食障害を助長しているとの批判に対応した。

フランスでは2015年に痩せすぎモデルを禁止する法律が成立したが、モデルに医師の健康証明書を要求するにとどまり、最低体格指数の導入などは業界の反対で盛り込まれなかった。

2大高級ブランドは、今回発表した基準は法律よりも厳しいもので、サイズが女性34、男性44より痩せているモデルは起用しないとしている。フランスのサイズ32は米国サイズではゼロに相当する。

ケリングの最高経営責任者(CEO)フランソワ・アンリ・ピノー氏は「業界全体が同様の基準を設け、モデルの労働環境が改善するよう期待している」と述べた。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。