民進党は前原代表でも「保守」になり切れない

日本政治におけるリベラルの定義は曖昧

こうみると、保守政党である自民党でさえ、リベラル的な政策を志向することがある。さらに強調していえば、憲法問題や安全保障政策などでは極めて保守的とみられる安倍首相が、財政面ではリベラル的な政策を志向するという、”逆説的”な組み合わせすらも起こりうるということだ。

自民党は歴史的に見て、保守政党でありながら、穏健な革新主義という意味で、リベラル志向の政策を取り込んで長期政権を維持してきた、という見方ができる。1970年代に与野党伯仲となり、一時的に自民党が単独過半数を維持できなくなる事態に直面したことがこれを助長したといえる。

代表的には、田中角栄元首相が「日本列島改造論」を掲げて全国的な交通網を整備し、都市と農村の格差是正に取り組んだり、1973年に「福祉元年」を標榜し、老人医療費無料化や年金の物価スライド制の導入を行ったりした。これらは、まさに「リベラル」である。こうした取り込みもあって、1980年代に保守回帰の動きが強まり、自民党は長期政権を維持した。

有権者の志向もどちらかで語り尽くせない

今般の民進党代表選が「保守」対「リベラル」の一騎打ちで、結局、「保守」の前原氏が新代表になったということでも、民進党が保守政党になるわけではない。他方、安倍政権の自民党も、保守政党を標榜しつつも、リベラル的な政策を加速させようとしている。

自民党でも民進党でもない、”第3極”の勢力を結集する動きもあるが、自民党にも民進党にも属していないことだけが一致点で、政策志向は収束をみていない。政党の立ち位置と政策志向は、まだまだ整理がついていないのが現状だ。

民進党代表選は、わが国の有権者の政策志向が、「保守」対「リベラル」という構図では語り尽くせないことを浮き彫りにした選挙だった、といえるのかもしれない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?