土星探査機カッシーニ、9月15日に任務終了へ

数多くの画期的な発見

 8月29日、土星の周回軌道上を初めて航行した探査機カッシーニが、9月15日に13年間にわたる任務を終える。この日のミッションは土星の輪への最後の突入で、その後大気圏に入って燃え尽きる最後の瞬間までデータを地球に送信し続ける。写真はNASA提供(2017年 ロイター)

[ワシントン 29日 ロイター] - 土星の周回軌道上を初めて航行した探査機カッシーニが、9月15日に13年間にわたる任務を終える。

この日のミッションは、22回にわたった土星の輪への最後の突入。その後大気圏に入って燃え尽きる最後の瞬間まで、データを地球に送信し続ける。

2004年7月に始まった探査により、土星に季節の変化があることや、衛星タイタンが原始地球に類似していること、衛星エンケラドゥスには全体にわたる海があり、氷の雲が噴出していることなど、数多くの画期的な発見がもたらされた。

米航空宇宙局(NASA)は、カッシーニの燃料が少なくなっていることから、タイタンやエンケラドゥスなど固有微生物の生命を育む可能性のある衛星との衝突を避けるため、土星に突入させて破壊する方針を取った。これは、カッシーニ内で生きている地球の微生物が衛星を汚染して将来の研究を阻害しないための措置という。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ゴーン氏の知力と行動力に<br>日本政府は完敗した

佐藤優氏の連載「知の技法 出世の作法」第613回の題材は、カルロス・ゴーン被告のレバノン逃亡事件です。ゴーン氏にしてみれば逃亡を選択したのは合理的な判断で、問題は日本の出入国管理が突破されたことにあると指摘しました。