わが子の交際相手が期待外れな場合の対処法

「孝行」を目当てに子育てしてはいけない

私は多くの立派な人に接してきて、つくづく確信するに至ったことが一つあります。世のトラブルは、考え方次第で、大きくも小さくもなることが多いということです。特に家庭内問題では、親が短気か寛大か、または知性や価値観、愛情表現の差などで、柱が倒れても楊枝が倒れた程度の問題で解決したり、その逆の現象が起こっていることです。

家庭問題でも然りで、柱が倒れたような大きなトラブルにも、爪楊枝が倒れたにすぎない受け止め方で、つねに冷静に大らかな心で対処する親御さんは結構います。私は、このような人たちの価値観やモノの考え方に何度驚嘆し、学んできたかわかりません。

あまりの冷静さに、「えっ? これがそんなに小さな問題なの?」と驚いたことは数知れませんでした。従来の価値観に縛られず、家族を信じ、家族でも下手に縛らずしがみつかないことで、大ごとにならない問題が多いことを学びました。

厳しい意見を言って、あとは見守るべき

お嬢様もよく頑張ってこられました。健康に育ってくれたことにも感謝です。それに彼女を育てる過程であなたが感じた幸福感も、たくさんおありでしたでしょう。それで十分ではないですか。

確かにシングル親ならではの特別な苦労はあったでしょう。でも夫婦でいたからこそ、余計に苦労を背負った人も多いのです。ことさらシングルで大変だったとか、または再婚もあきらめて育てたとする認識は賛成できません。

どうしても一言言いたければ、「SNSで偶然知ったけど」と言って、あなたから親ならではの心配事や厳しい意見を言えばいいのです。そしてあとは、見守るだけです。

今の段階で親への裏切り・親が払った犠牲と結び付けるのは筋違いです。過干渉は避けましょう。“この手のトラブル”の大きさは、考え方次第、接し方次第ですよ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。