川上量生「中国のネット管理政策は正しい」

機械が人間を支配する時代は来るのか

――「GAFA」の中で、5年後、より強くなっている企業はどこだと思いますか。

うーん……、すごく難しい質問。どこも一長一短で、ちょっとわからない。もしわかるという人がいるなら、それが間違っていると思う。4社ともそれぞれに特徴はあるけど、世の中は複雑系で動いていて、予測不可能。すると一般論としては、いちばん重要なのは運、ということになってしまう。4社の将来についても基本はそうとしか言いようがない。

経営者の能力は勝敗を分ける一要素になる

――事業内容から区別すると、アップルだけがハードウエアに偏っていますよね。

アップルの今のポジションは強力だし、アップルが勝つシナリオもありうる。ただ、4つの中では唯一、すでに創業者が世を去っている会社。そもそも彼らが戦っているのは非常に高いステージの上で、そこに上がれるかどうかは運が大きい。でも、そのステージ上のゲームにおいては、経営者の能力は勝敗を分ける一要素になる。

『週刊東洋経済』の会員制サービス「週刊東洋経済プラス」。「東洋経済ID」でログインすると最新号の一部記事を無料で読めます(有料会員に登録すると、全記事を閲覧できます)

他方のフェイスブックは、4社の中でいちばん弱いビジネスというか、滅びてもおかしくない会社と思っていた。もともとSNSは長期的にやるのが難しい。しかもコミュニケーション疲れを起こさないという意味では、ツイッターのほうがサービス設計で優れていた。だが現実には、フェイスブックはM&Aも駆使しながら、今もすごくうまくやっている。これはやはり、経営トップの才覚なんじゃないの。

グーグルは偶然の産物というか……、彼らはある種、理想家たちの会社で、それがたまたま成功した。そういう意味では、僕は4社の中で、グーグルが勝つ未来を見たい。経済原理に従って生まれてくるビジネスはあまり面白くないが、彼らなら、それを超えたところで何かを成し遂げてくれるような気がする。

この経済原理に照らして、最も正しく、合理的な戦略を持つのがアマゾンだろう。もし歴史がもう一度繰り返しても、アマゾンは必ずまた生まれる。ほかの3社は偶然の重なりがなければ生まれてこないかもしれないけど。それぐらい、アマゾンがやっていることはビジネスのお手本的な正攻法だということ。なんていったってデジタルのウォルマートを作ろうという、非常に明快な目標だから。

『週刊東洋経済』8月21日発売号(8月26日号)の特集は「教養としてのテクノロジー」です。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。