「関西大手私鉄」朝のノロノロ運転ランキング

ワースト1位の速度は自転車並み

次は南北方向に奈良と京都を結ぶ京都線・橿原線(橿原神宮前―京都・58.4km)。こちらは奈良線・難波線と違って、6時台は急行4本に普通が5本、7時台も急行4本に普通が5本とバランスよく配列されている。普通はすべてが京都直通ではなく、大和西大寺行き、新田辺行きもある。そして京都直通は速い列車が所要時間104分、最も遅い列車が111分で、表定速度は31.6km/hだ。

続いて大阪線(伊勢中川―大阪上本町)にいこう。伊勢湾から大阪湾までをつなぐ全長108.9kmの路線だ。ところが、さすがにこれだけ長い路線になると伊勢中川―大阪上本町直通の普通はなく、最も遅いのは7時17分発の急行で所要時間120分。表定速度は54.5km/hだ。

大阪線と接続する名古屋線(伊勢中川―近鉄名古屋・78.8km)は、伊勢中川から伊勢湾沿いに四日市を通って、近鉄名古屋まで北上する路線。こちらも大阪線ほどではないが長い路線なので、普通は1時間に3本から4本あるものの、名古屋直通は今回の調査対象時間帯だと5時52分発の1本だけだ。所要時間は147分で、表定速度は32.2km/h。かなりの長時間ではあるが、始発から座れれば、眠ったり読書をしたり、スマホで仕事関係のメールを読むなどして通勤時間を過ごせそうだ。

さて、近鉄ラストは南大阪線・吉野線(吉野―大阪阿部野橋・64.9km)。時刻表を見て特徴的なのは、早朝の5時台始発から夜の21時台まで、すべてが大阪阿部野橋行きの直通列車だということ。そして朝から21時台まで普通列車がないということ(22時台、23時台に4本、古市行きと六田行き普通がある)。ゆえに直通で最も遅いのは7時32分発の急行で、所要時間101分、表定速度38.6km/hである。

「各駅停車」と「普通」の2つがある南海

次に南海電気鉄道(南海)をみていこう。まずは南海線(泉佐野―難波・34km)。この路線の特徴は、6時台~8時台に急行、準急、区間急行と各種優等列車があり、普通も5本~6本とコンスタントに運行していることだろう。最も遅いのは8時00分発の普通で、所要時間83分。表定速度は24.6km/hだ。

もう1本の路線が高野線(河内長野―難波・27.1km)。こちらも6時台、7時台、8時台は各駅停車が5本から6本とコンスタントに運行している。最も遅いのは所要時間73分、表定速度は22.4km/h──と、ここでお気づきだろうか?同じ南海電鉄の路線なのに、南海線は「普通」、高野線は「各駅停車」と名称が違うのだ。

次ページ「各駅停車」と「普通」は何が違うのか
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT