「関西大手私鉄」朝のノロノロ運転ランキング

ワースト1位の速度は自転車並み

南海電鉄本線の普通列車。南海には「普通」と「各駅停車」が別に存在する(写真:tesshy / PIXTA)

大手私鉄各線を走る朝の通勤列車はどのくらい速いのか。このテーマで、これまでに関東編(「朝」の首都圏大手私鉄、一番速い列車は何か)と関西編(「朝」の関西大手私鉄、一番速い列車はどれだ)、そして日本全国(全国大手私鉄「朝ラッシュ」最速運転ベスト20)3本の記事を掲載してきた。

逆に、いちばん遅いノロノロ運転の列車はどれかを調べてみたのが、6月に掲載した「『朝』の首都圏大手私鉄、遅い列車はどれか」である。今回はその関西編として、「私鉄王国」ともいわれる関西の大手私鉄で遅い列車はどれかを調査してみた。

調査のルールは関東編と同じ。時間帯については、7時30分~9時30分までに都心の終点駅に着く直通列車を対象とした。区間は一部を除き、各駅停車及び各種の優等列車すべてが停車する駅のうち、都心から最も離れた駅を起点とした。まず各鉄道会社・路線ごとにその特徴や表定速度の遅い列車を取り上げ、最後に各路線の各停や準急、快速など、種別ごとに最も表定速度の遅い列車を1本ずつ選んだうえでランキングした。

早朝は普通列車がない路線もある

それでは検証に入ろう。紹介する順番は、日本民営鉄道協会や国土交通省の資料などで見られる順に従った。近鉄・南海・京阪・阪神・阪急の順である。

まずは日本最大の私鉄、近畿日本鉄道(近鉄)だ。奈良線・難波線(近鉄奈良―大阪難波・32.8km)から見てみよう。奈良から大阪へ向け、東から西へとほぼ水平に突っ切る路線だ。時刻表をみると5時台~6時台は快速急行・急行・準急・区間準急と優等列車だけが並ぶ。これは準急が始発の近鉄奈良から8駅先の石切まで、区間準急は12駅先の東花園まで各駅に停車し、普通列車の役割を兼ねているからだ。

7時台になって、やっと普通列車が3本登場する。最も遅いのが7時28分発の尼崎行き。大阪難波までの所要時間は70分で、表定速度は28.1km/h。次いで遅いのは8時37分発の区間準急で、所要時間56分、表定速度は35.1km/hだが、難波到着が9時33分のためランキング対象外だ。

次ページ路線延長が長い近鉄各線の「遅い」列車は?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT