日本経済は持続的拡大局面に移行していない

4~6月期の実質GDPは内需で上振れしたが…

まずは"両輪"のうち、個人消費について考えてみたい。4~6月期の前期比0.9%増を寄与度で分解すると、最もプラスに寄与したのは非耐久財だった。非耐久財とは、耐用期間が比較的短い財を指し、食料や衣類といった非耐久消費財と、工業原料などの非耐久生産財とに大別できる。

このうち、食料については昨年夏の天候不順によって野菜価格が高騰した影響から消費が手控えられ、非耐久財全体では4四半期連続でマイナスに寄与していた。4~6月期はその影響がなくなり、前期比1.8%増と急反発することとなった。また、サービス支出が同0.6%増(1~3月期は0.5%増)となったが、これも好天に恵まれたことからレジャーなどの消費が伸びた結果だ。

SMBC日興証券の丸山義正チーフマーケットエコノミストは「4~6月期の個人消費には天候に由来する一時的要因が相当程度含まれており、7〜9月期は反動が生じる可能性が高い」と分析する。

機械への設備投資は7~9月期は反落へ

もう一つの"両輪"である設備投資についても、先行きに対して楽観的な見通しは描きにくい。2016年7~9月期以降、設備投資は2%台の高い伸びとゼロ%台の低迷を交互に繰り返しており、今回は高い伸びの順番だった。これをならして見ると、設備投資のモメンタムは決して強いとはいえない水準だ。

四半期ごとの強弱の波が今後も続くと考えると、7~9月期の設備投資は低迷する順番になる。機械投資の先行指標である機械受注も、4~6月期は2四半期連続で減少している。「企業も積極的に機械に投資しようというスタンスではない」(丸山氏)。

次ページ意外に増えない省力化投資
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 住みよさランキング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT