トークライブを編み出した元左翼の波瀾曲折

「新宿ロフトプラスワン」はこうして生まれた

「新宿ロフトプラスワン」などを運営するロフトプロジェクト代表の平野悠さんに聞く(写真:筆者提供)
これまでにないジャンルに根を張って、長年自営で生活している人や組織を経営している人がいる。「会社員ではない」彼ら彼女らはどのように生計を立てているのか。自分で敷いたレールの上にあるマネタイズ方法が知りたい。特殊分野で自営を続けるライター・村田らむと古田雄介が神髄を紡ぐ連載の第7回。

新しい文化を生み出した「新宿ロフトプラスワン」

昨今、トークライブハウスの人気が高い。

この連載の一覧はこちら

トークライブとは、出演者の話を聞くイベントであり、トークライブハウスはトークライブ専門の“箱”である。

出演者は、俳優、お笑いタレント、ミュージシャン、政治家、小説家、漫画家、ジャーナリスト、AV女優、風俗関係者……などなど多岐にわたる。それに加え、公には口にできないアウトローな人たちも登壇する。

客は、テレビや新聞などメジャーな媒体では、まず聞くことができないディープな話を求めて会場を訪れるのだ。会場は、異様な熱気で盛り上がる。現在では東京だけでも30軒以上のトークライブハウスが林立しているが、そもそもはたった1軒のお店から始まった。

「新宿ロフトプラスワン」である。日本一淫靡な街、新宿歌舞伎町ど真ん中の地下にある店内では、毎日オリジナルのトークライブイベントが開催されている。

兄弟店舗である4つのトークライブハウス「ネイキッドロフト」「阿佐ヶ谷ロフトA」「ロフトプラスワンウエスト」「ロフト9」も好調だ。

今が盛りのトークライブハウスだが、新宿ロフトプラスワンができるまでは、影も形もなかったのだ。22年前、突如として新宿に現れ、日本に新しい文化を生み出した。

そんな奇跡の箱を作ったのが、ロフトプロジェクト代表の平野悠さん(73)である。なぜ彼は、ゼロからイチを作ることができたのか、氏の人生から探ってみたい。

次ページ平野さんの祖父は著名人
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT