マックが既存店をここまで浮上させた秘訣

2017年上期の業績は絶好調、どこまで続く?

(出所)日本マクドナルドHDの開示資料を基に東洋経済作成

定番商品の刷新としては、1月の100円コーヒー、さらに4月にはビーフを使用した定番ハンバーガーとして8年ぶりの新商品となる「グラン」を投入した。

定番品の割引は、6月にビッグマックセットの割引を、6月末~7月にかけてはマックフライポテトを全サイズ150円で提供するキャンペーンを実施した。全ての客を対象としたビッグマックとポテトの一斉値引きとしては鶏肉問題に揺れた2014年夏以来となる。

3月にはドコモのdポイント、6月には楽天スーパーポイントの取り扱いを開始するなど、他社との提携も目立った。

顧客満足度(CS)が上昇

こうしたメニュー刷新やマーケティング戦略が客の支持につながっているのは、JSCI(日本版顧客満足度指数)の調査結果からも読み取れる。

(出所)サービス産業生産性協議会

同調査は、サービス産業生産性協議会が経済産業省の協力のもと、2009年から実施する日本最大級の顧客満足度調査だ。

マクドナルドの顧客満足度指数(CS)は異物混入問題が起こった2015年を底に回復基調にある。2017年6月実施の調査では64(100が上限)となり、期限切れ鶏肉問題や異物混入問題が発生する前の2013年の水準に戻った。月に1回以上訪れるヘビーユーザーに関しては67.6となり、全体の水準を押し上げた。

同調査は接客など個別の要素も調査している。調査開発に携わった法政大学大学院の小川孔輔教授は「接客や店の清潔さは2013年の水準に戻ったに過ぎないが、メニューやポイントプログラムなどマーケティングに関する項目では2013年を上回っている」と指摘する。

次ページ「完全な回復を目指したい」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT